お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.12.27体を動かすと痛みが減る理由

体を動かしていると  痛みが減る理由は?

運動で痛みが悪化する

運動で痛みが悪化する



じっとしていると


痛いけど


体を動かしたら


痛みが減る。


 

だから


「運動すると


腰痛などが治る」 


思っていませんか?


 

残念ながら


運動を一生懸命


すればするほど


結果的に痛みは


悪化します。


 

運動で楽になるのは


血行が良くなって


筋肉の血行不良と


筋肉の細胞への酸素欠乏が


解消されるからです。


 

ですが、それは痛みの原因が

治っているわけではなく

単に痛みが減っているだけです。

 

では、なぜじっとしていると

痛いのでしょう?

それは、筋肉のロックがあるからです。

 

筋肉ロックによって

筋肉が血行不良を起こし

筋肉細胞が酸素欠乏状態に

なっているから痛いのです。

酸欠を起こした筋肉は

それを知らせるために痛みを出すのです。

 

もう少し詳しく説明しますと

筋肉がロックすると、筋肉の伸縮力が低下し

筋肉が硬くなることで、血管が圧迫されます。

その結果、血行が悪化し

動脈からの酸素が供給されにくくなります。

 

すると、体はブラジキニンという化学物質を

発生させます。

ブラジキニンは、酸素を取り入れるために

血管を拡張させる物質です。

 

そして、ブラジキニンは異常を知らせるために

脳に痛みの物質としても届きます。

こういった理由で

筋肉ロックによる痛みが出るのです。

 

血管拡張作用ブラジキニン

 

上記したように

運動で血行がよくなれば

筋肉に酸素が供給されやすくなって

ブラジキニンの発生が抑えられて

痛みは減りますが

原因は無くなっているわけではありません。

 

では何故、筋肉ロックが起こるのでしょう?

それは

筋肉に無理がかかった時に

筋肉が傷つかないように守るためです。

 

予防するためにロックして


硬くなった筋肉に


さらに運動によって


負荷をかけたらどうなるでしょう?


ますます筋肉ロックが 


ひどくなってしまうことが


あるんです。


 

筋肉ロックとは


車のシートベルトと似た仕組みで


体を保護するシステムです。


 

筋肉に無理な負荷が掛かった時に


筋肉自身や関節を守るために


車のシートベルトがロックする時のように


キュッと硬く縮みます。


 

この状態が慢性化したものを


ミオンパシーでは筋肉ロック


と、呼んでいます。


 

筋肉ロックについてさらに詳しくは

下のバナーをクリックしてご覧ください。

慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

だから、頑張るのは良くないんです。 

運動した後かえって痛みが

強くなったりすることがあるのも

そういう理由です。

 

ですが、動くと痛みが軽減する

レベルはまだ軽い方で

さらに悪化すると

動くことで痛みが強くなります。

運動で痛みが悪化する

 

元々、筋肉や関節を守るために

筋肉ロックが起こります。

その守るために硬くなってロックしている

筋肉に、さらに負荷をかけるとどうなるか?

 

ロックがさらに強化されてしまうのです。

 

そうなると

改善に時間がかかることになります。

 

このことは

こりや痛みがあるからと

強いマッサージを受け続けると

どんどんこりが悪化して

 

当初1ヶ月に1回の施術で済んでいたのに

だんだん間隔が短くなり

しかも、つよい施術を受けないと

効かなくなってくる

というのと似ています。

 

これも、ロックして守ろうとしている

筋肉に、さらに負荷をかけることで

悪化していることになるからです。

 

このようなことにならないうちに

なるべく早く、効果的な施術をお受けください。

 

その効果的な施術が

筋肉ロックを安全に痛みなく

体に優しい方法で外せる

新手技療法ミオンパシーです。

 

スポーツは

きちんと筋肉ロックを解除してから

行いましょう。

その方が、痛みもなく

筋肉が思う存分能力を発揮できるので

スポーツのパフォーマンスも上がります。

 

筋肉ロックを外してパフォーマンスアップ


筋肉ロックが解放されると

筋肉の伸縮能力が上がります。

硬くなった筋肉も柔らかくなります。

 

そのことで、単に痛みが取れるだけでなく

スポーツのパフォーマンスも上がります。

 

でも、ボキボキしたりグリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所


=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの


原因になっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような



体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術が


ミオンパシーです。


 


従来の常識にとらわれない


新しい手技療法ミオンパシーは


日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の加茂先生にも


その理論と技術を認めていただいた


科学的根拠に基づく


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


 

はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約


お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。