お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.11.29ミオンパシー

ローリスクハイリターンの施術とは?

ローリスクハイリターンの施術とは
 

ローリスクハイリターンの施術とは

ハイリスク


ハイリターン


ローリスク


ローリターンは


どんな場合にでも


当てはまるか?


 

ハイリスクハイリターン


ローリスクローリターン


という言葉を聞かれたことがある方は


多いと思います。


 

賭けるものが大きいと


戻ってくるものが大きくなる可能性が高い


小さな投資では、得られるものが小さい


というような意味ですね。


多くの場合


こういった法則は成り立ちます。


 

ところが、こういう法則に


当てはまらない場合があります。


株式投資などの場合


株のことを何にも知らないで


投資したところで


投資額に見合うリターンは得られません。


 

ハイリスクハイリターン


ローリスクローリターン


の法則が


当てはまらない例は


 

私たちが専門とする


健康分野では


慢性痛の改善の


ケースにおいてです。



慢性痛の改善において


ローリスクローリターンの代表は


湿布薬でしょう。


湿布で腰痛は治らない

まさか、皆さんは湿布薬で腰痛が治る

と、真剣に思っておられないでしょうね?

もし信じておられたら

一生腰痛から逃れることはできないと

思ってくださいね。

 

湿布は


比較的体に対する侵襲性が


少ない対処方法で


それによって受けられる


恩恵も小さい


と、ほとんどの人は


考えられると思います。


侵襲性とは、医学で、生体の内部環境の恒常性を乱す可能性がある刺激全般をいう


デジタル大辞泉より


 

医療においては


リスク=侵襲性の高さ


と、考えていただいて


いいと思います。


 

病院で受ける治療(処置)は


湿布薬


様々な湿布薬


痛み止めの薬


痛み止めの薬



注射


ブロック注射

手術


手術

の順番に


リスク=侵襲性が高くなります。


 

では、この場合


リスクが高くなればなるほど


リターンは大きくなるでしょうか。



それが、必ずしもそうはならないのです。


その訳は


 

もっとも悩んでいる人の多い


慢性腰痛で説明します。


 

慢性腰痛の原因は


そもそも形が悪いことではありません。


筋肉の機能異常(正常に働かないこと)

です。

 

ですから湿布は問題外です。


また、痛み止めの薬は

原因をなくすわけではなく

「臭いものに蓋をする」的な

症状を抑えるだけのもので

これも原因をなくすことはできません。

 

また、痛みを抑えるために注射をしても

原因はやっぱりなくなりません。

 

だったら、手術は

原因をなくせるのでは?

 

そう考えるから

慢性腰痛が治らないのです。

 

手術の有効性を、考えた時に


 

ヘルニアや狭窄症、脊椎の変形などは


腰痛の原因ではありません。


腰痛の原因は


筋肉の機能異常ですから


手術によって構造異常


=形が正常でないことを、正しても


痛みは無くなりません。



到達すべきゴールが


元々間違っているので


手術で形を変える


というゴールに到達


したとしても、腰痛が無くなる


という結果が得られません。


いわゆるハイリスクローリターンの


可能性が高い


ということになります。


 

慢性腰痛は、筋筋膜性疼痛症候群の一種


です。


 

筋筋膜性疼痛症候群とは


1980年代に、アメリカで


Travell & SimonsMyofascial Pain and Dysfunction:The Trigger Point Manual


(筋膜性疼痛と機能障害: トリガーポイントマニュアル)』(Janet G. Travell 医師とDavid G.Simons医師の共著)


という医学書にて発表されたものです。


 

40年近く前に発表されたこの理論が


未だに日本ではあまり知られていません。


そして、未だに


「ヘルニア・狭窄症が腰痛の原因」


と、言われています。


だから、治らないのです。


 

到達すべきゴールは


筋筋膜の機能異常を正すことなのに


骨や骨や周囲の構造異常を正すことを


ゴールと決めていては


いつまでたっても、本来到達したい


ゴールには、到達できません。


 

これが、私が腰の手術を


ハイリスクローリターン


だと考える理由です。



ご興味がある方は


筋筋膜性疼痛症候群について


調べてみてください。


どういう選択をされるかはお任せします。


 

ちなみに、私たちが行なっている


手技療法ミオンパシーは


手前味噌ではありますが


ローリスクでハイリターンが望める


療法だと思います。


 

なぜなら、機能異常=筋肉ロックを起こして


硬くなった筋肉を


柔らかく痛みのない姿勢を取って


90秒保持した後、ゆっくり戻す


 

という、極めてリスクの無い技術を


用いるからです。


上手くいけば、数十年もの間あった痛みでも


数回の施術で無くなります。




そして、最悪の結果として起こり得ることは


「なにも変わらない」です。


 

全ての動きがゆっくりですので


急に動かされて、止める暇がなく


「痛い!」と、最悪悪化するようなことは


一切ありません。


 

少しでも、受ける方が「痛い」と


感じるようなら


すぐに止めることができます。


痛みを我慢させるようなことも


一切致しません。


 

しかも、その方の慢性痛の原因が


どこにあるか、を特定する理論も


20年以上かけて構築、体系化しています。


 

痛みの出ている場所をひたすらゴリゴリ


だとか、押しまくる、というような


荒っぽいことは致しません。


 

信じられないかもしれませんが


一度ご体験いただければ


お分りいただけると思います。


 

筋肉ロックとは


筋肉に無理な負荷がかかった時に


筋肉内のセンサーが反応して


筋肉や靭帯、関節などを守るために働く


防御システムです。


車のシートベルトが、急に引っ張られると


ロックして伸びなくなるのと


同じような仕組みです。


 

筋肉ロックについてさらに詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの


原因になっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 


 

いぎあ☆すてーしょんの手技療法


ミオンパシーは


日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の先生にも


その理論と技術を認めていただいた


科学的根拠に基づく


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


 

はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約


お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。