お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.11.11歯科医の先生の肩こり改善

歯科医の先生の肩こりの改善方法は?

歯科医の先生の肩こり
歯科医の先生の肩こり

 

歯科医の先生方の


肩こり改善


 

いぎあ☆すてーしょん総院長の松尾です。

私は個人的に歯科医の先生を

40名以上知っていますが

その先生方を見ていると

猫背になっている方が多いのです。

 

そして猫背気味の


歯科医の先生に


「肩こりは


ないですか?」


と、お聞きすると


 

たいていの先生は


「実は肩こりが


ひどいんですよ」


と、言われます。


それはそうでしょうね。



歯科衛生士さんの肩こり

のページにも書きましたが

歯医者さんもかなり無理な体勢を

取らざるを得ない

ということが多いはずです。

 

頭を前に傾けて

斜めに患者さんの口の中を覗き込む

という姿勢。

歯科医の姿勢

頭の重さは4~5kg

ボーリングの玉と同じぐらいです。

頭の重さはボーリングのボール並

こんなに重い頭を

首・肩・背中の筋肉で支えるのですから

僧帽筋や

上部僧帽筋右

頭板状筋などに

頭板状筋・頸板状筋

 

無理な負荷がかかり続ける事で

筋肉や関節を守る為の仕組みである

《筋肉ロック》が起こる事は

仕方のない事です。

 

そして、これは

 

歯科衛生士さんとも共通していること

 だと思いますが

歯医者さんのお仕事は

かなり指先の力を必要とします。

 

口の中という狭い場所で

細かな仕事をするには

かなり指先の力の制御をすることが

必要になります。

細かい作業であればあるほど

指先の力が必要です。

狭い場所で細かい作業が必要な歯科医のお仕事

その、指先の力を司るのが

前腕の筋肉です。

実は指そのものには

小さな筋肉しか付いていません。

指を動かすのはほとんど前腕の筋肉です。

指を動かす前腕の筋肉

そして、前腕を固定して

余計な動きをしないように

無意識に力を入れているのが

上腕の筋肉です。

上腕二頭筋、三頭筋という筋肉です。

歯科医が使う上腕の筋肉

実は、肩こりは首・肩


背中の筋肉だけでなく


腕の筋肉が疲労して


硬直することでも起こるのです。


慢性的に硬直した筋肉を

筋肉がロックしている

と、いいます。

 

筋肉ロックとは


筋肉に無理な負荷がかかった時に


筋肉内のセンサーが反応して


筋肉や靭帯、関節などを守るために働く


防御システムです。


車のシートベルトが、急に引っ張られると


ロックして伸びなくなるのと


同じような仕組みです。


 

筋肉ロックについてさらに詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


筋肉ロックは

いぎあ☆すてーしょんで行なっている

ミオンパシーという手技療法で使われる

専門用語です。

 

筋肉は、無理な力がかかった時に

縮むことで守る

という仕組みを持っています。

 

正確にいうと

筋肉を構成している

筋繊維に巻きついている

 筋紡錘という器官が

その仕事をします。

 

筋肉=筋繊維に


強い負荷がかかったときに


筋繊維がちぎれるのを防ぐために


筋紡錘から「縮め」という信号が出て


筋繊維=筋肉が収縮します。


 

この反応を脊髄反射といいますが


いきなり強い力で引っ張られたり


継続的に引っ張られる


ということが繰り返されると


この脊髄反射が慢性化して


元に戻らなくなります。


 

その状態を


筋肉ロックと呼んでいるのです。


筋紡錘が過剰に反応

一旦慢性化して固定化してしまった

筋肉ロックは

特殊な技術を使って外さないと

自然に外れたりしません。

 

また、一般的によく行われる

 押す、揉む、伸ばす、温める

などの方法でも外れません。

 

ですから

いぎあ☆すてーしょんには

「あちこちで色んな治療・施術を受けたが

良くならない」

という方が来られるのです。

 

歯科医の先生ばかりでなく

指先、手、腕をよく使う仕事をしている

そして、肩こりがひどくて治らない

という皆さん。

 

是非一度ミオンパシーを受けてみてください。

これまでとは全く違う方法で

皆さんの肩こり改善をお手伝いします。

 

新筋肉療法ミオンパシーは

日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の先生にも


その理論と技術を認めていただいた


化学的根拠に基づく

世界唯一最新の手技療法です。

 

でも、ボキボキしたり


グリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因に


なっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 


 

過去に

「痛い目、怖い目にあって治らなかった」

という方でも安心して受けていただけます。

ご予約は下記リンクから

お取りいただけます。

ご来院お待ちしております。

 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約


お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。