お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.11.08ストレッチの弊害

運動前のストレッチは 怪我の原因になる?

ストレッチは怪我のリスクを高める
ストレッチは怪我のリスクを高める

 

運動前に一生懸命ストレッチをすると

かえって怪我をしやすくなるのを

ご存知ですか?

 

そういう学術論文が

いくつも提出されています。

 

1998テキサス工科大学


デュエイン・ヌードソン教授の論文


 

静的ストレッチを


すると


筋肉は存分に


動きにくくなる。


その結果


静的ストレッチを


行なった後の


30分〜60分は


運動能力が落ちる


 

2004カナダのSMBJ病院


シュライアー医師達



ストレッチが


筋力やジャンプなどの


瞬発力を低下させる


 

2004アメリカ疾病予防センター


ストレッチに関する


過去の膨大なデータを分析。



運動前のストレッチが


怪我を減らすという証拠はない


 

2006欧州スポーツ医学会


2010米国スポーツ医学会



運動前のストレッチは


パフォーマンスを低下させる


との公式声明を発表。


「残念な理系の常識」より


 

当然のことです。


 

過去数十年もの間、有効とされていた


運動前のストレッチは


怪我を防ぐどころか


伸ばしすぎるために


むしろ怪我のリスクを高めたり


運動能力を落とします。


 

筋肉は、ある程度収縮した状態から


さらに収縮することで


力を発揮出来るのです。


 

ストレッチを行うことで


筋肉が伸びきった状態から


収縮させられると


筋肉が傷ついたり


守るためのシステムが働いて


筋肉がロックします。


筋肉や関節を守る筋肉ロック

筋肉ロックとは


筋肉に無理な負荷がかかった時に


筋肉内のセンサーが反応して


筋肉や靭帯、関節などを守るために働く


防御システムです。


車のシートベルトが、急に引っ張られると


ロックして伸びなくなるのと


同じような仕組みです。


筋繊維の収縮

筋肉ロックについてさらに詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

その筋肉ロックが


スポーツのパフォーマンスを


低下させたり


怪我のリスクを高めるのです。


 

物を持つ時に


肘を少し曲げて持つのと


肘を伸ばし切って持つのでは


肘の関節にかかる負荷が違いますよね?


 

また、重いものを持つ時には

膝を曲げて腰を落としてから持つ。

 

こう言われるのも

膝を伸ばして腰を曲げて重いものを持つと

伸びきった腰の筋肉を痛めるからです。

重い物を持ち上げる姿勢

また、ある程度年齢の高い方は

覚えておられると思いますが

昔の腹筋運動は

脚を伸ばして仰向けに寝転び

足首を抑えてもらって

起き上がっていましたね。

 

それが、いつの間にか

膝と股関節を曲げた状態から

起き上がる、という形に変わりました。

膝を立てた腹筋運動

その理由は

股関節と膝を伸ばした状態から起き上がると

腰痛が多発したからです。

そして、股関節と膝を曲げた状態から

起き上がった方が

腰痛が出にくいと分かったからです。

 

でも、なぜそうなのかということを

明確に説明できる人はほとんどいません。

 

なぜなら、どちらも腹筋運動だと

思っているからです。

 

え?あれ腹筋運動じゃないの?

 

違います。

皆さんが腹筋運動だと思ってやっている

あの運動は

股関節屈筋群、特に大腰筋と大腿直筋の

トレーニングです。

大腰筋大腿四頭筋など

その理由をご説明しましょう。

実は、仰向けで腹直筋だけを

思い切り収縮させても

おへそを覗くレベルまでしか

上体を持ち上げることはできません。

腹筋だけを収縮させる腹筋運動

その後、さらに上体を起き上がらせるのは

大腰筋などの股関節屈筋群の収縮なのです。

股関節の屈伸運動

だから、股関節を伸ばした姿勢から

起き上がると

伸びきった股関節屈筋群に

強い負荷がかかります。

 

そういった運動を何十回何百回と繰り返す

ということを頻繁にしていると

股関節屈筋群の筋繊維がロックし始め

やがて、筋繊維のロックが限度を越えると

腰痛が出始めます。

 

それは、股関節の屈筋群がロックして

収縮力が低下し

腰をただまっすぐに伸ばすだけでも

腰椎に負荷がかかり

腰椎の関節を包む関節包が痛むからです。

腰椎の関節包

これが、腹筋運動による腰痛の原因です。

 

つまり、股関節を伸ばしきった状態から

起き上がるよりは

股関節を曲げた状態から起き上がる方が

股関節屈筋群への負荷が少ないから

腰痛が少しでも出にくい

ということで、股関節を曲げて膝を立てた

姿勢から、起き上がるようになったのです。

 

ですが、股関節を曲げて起き上がっても

股関節屈筋群に負荷をかけていることには

違いがないので

やはり腰痛は発症します。

 

それで、アメリカとカナダの軍隊は

2013年頃から

体力測定の中から腹筋運動を

除外したのです。

 

また、日本のバスケットボール協会も

指導者たちに

腹筋運動を推奨しないように通達したのです。

 

ちなみに足上げ腹筋と言われている

運動も、股関節屈筋群の運動ですからね。

足上げ腹筋

腰痛の原因になるのは同じです。

 

もう一度言います。

筋肉は、伸びきった状態から収縮させると

ロックしたり、収縮能力が低下したりします。

 

ここでは腹筋運動を例に取り上げましたが

太腿であろうが、ふくらはぎであろうが

上体の筋肉であろうが

全て同じことです。

 

 

つまり

運動前にストレッチを頑張ると


筋肉が伸びきってしまい


本来の力を発揮できなくなる


ということです。


 

静的ストレッチがその主な原因です。

 

動的ストレッチの方が

運動前には良いのです。

 

筋肉を伸ばしすぎると

筋肉を痛めやすい状態を


作ることになります。


加えて言えることは


 

ストレッチをすることで、引っ張られて


筋肉ロックを起こした筋肉を


さらにストレッチするとどうなるか?


 

そう、皆様の想像通り


さらにロックがひどくなります。


運動前にストレッチを熱心に行なってきた


自分の慢性痛の原因は、それかもしれない


 

また


ストレッチを一生懸命にしていたせいで


自分のスポーツのパフォーマンスか


低下しているのかもしれない


と、感じられたら


ミオンパシーを受けてみてください。


 

ミオンパシーは


ストレッチのし過ぎなどでロックした


筋肉ロックを外して


様々な慢性痛・関節痛などを


改善するための技術です。


 

でも、ボキボキしたり


グリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因に


なっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 


 

ミオンパシーは


日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の先生にも


その理論と技術を認めていただいた


科学的根拠に基づく


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


 

はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約


お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。