お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.10.22肘痛

肘の痛みの原因は   前腕の筋肉のロック?

肘痛




 

肘痛







ゴルフ肘


テニス肘


野球肘などの


原因と


正しい改善方法


 

スポーツ関連の肘の痛みの他

日常生活の上で痛む肘

 

ゴルフやテニス


野球など


スポーツで


痛める肘の痛みは


何が原因


なのでしょうか?


 

スポーツが原因の

肘の痛みにお悩みの方に

役立つ情報を

お届けします。


一言で肘が痛いといっても


肘の関節そのものに


原因がある


ということは


実はほとんどありません。


肘の痛みの原因のほとんどは


前腕の筋肉ロックです。


 

筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。



 

慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

前腕とは

手首と肘の間の部分をいいます。

ちなみに、肘と肩の間は

上腕といいます。

 

肘の痛みは

前腕の筋肉が

肘の近くの骨に付着している場所

ここにだいたい起こります。



上の図は肘の関節では有りません。

外側上課は、手首を甲の方に

反らせたりする筋肉が

付いている場所の図です。

手首の背屈筋

内側上課は、手を握ったり

手首を手の平側に曲げたり

する時に働く筋肉が

付着する場所です。

手首の掌屈筋


つまり

 

前腕の筋肉がロックして


硬くなることで


肘近くの場所に負荷がかかり


骨と筋肉を繋げる腱や


付着部が痛み


肘が痛いと感じるのです。



ちなみに

テニス肘は

シングルハンドの

右利きの人の場合

たいてい右肘を痛めるのですが



バックハンドでは

外側上課

フォアハンドでは

内側上課を痛めます。



ゴルフ肘では



同じく右打ちの人の場合は

右腕なら内側上課

左腕なら外側上課

を、痛めます。



ゴルファーは両腕を使うので

痛める腕が違います。

 

 

筋肉が原因で痛みますので

整形外科などで

レントゲン写真を撮って

肘の関節の骨が骨折

とか

肘の靭帯が切れている

というようなことがなければ

ほぼ、これらの筋肉のロックが

肘の痛みの原因です。

 

では

こういった肘の痛み

どうすれば

改善するのでしょうか?

 

いぎあ☆すてーしょんに

お越しになる方は

よく

「腕を揉んだりしてました」

「ストレッチしてました」

と、言われます。

 

みなさんはいかがですか?

それで治っているなら

ここまで読まれませんよね?

 

そう

揉んだり

ストレッチしたり

では

ゴルフ肘、テニス肘は

治りません。

 

一時的に軽減はするかもしれません。

でも、治らないのです。

それは

 

マッサージやストレッチでは

筋肉ロックを解除することが

できないからです。


筋肉ロックは

自動車のエアバッグやシートベルト

と、似た仕組みで筋肉や関節を守ります。

 

マッサージやストレッチは

エアバッグが膨らんだまま

シートベルトが締まったまま

ごそごそ動いているのと似ています。

少しは動けますが

完全に自由にはなれません。


いぎあ☆すてーしょんで

おこなっている

新筋肉療法ミオンパシーは

 

これら

エアバッグやシートベルトを

外すのと似たことが

できる施術です。

 

ロックが外れてしまえば

マッサージやストレッチも

必要ありません。

それまでと同じように

テニスやゴルフを楽しめます。

 

方法は簡単

筋肉をロックさせている

筋肉の中の

筋紡錘という装置に

「もう負荷はかかっていない」

という情報を与えるだけです。

たったそれだけで

筋肉のロックは外れます。

シートベルトの金具を

外すのと似て簡単なのです。 

 

「どんなことをするの?」

と、興味を持たれたら

一度試してみてください。

効果があるかないかは

大抵の場合

一度受けていただければ

分かります。

 

痛くなって

休んだら少し楽になるけど

やり出すとまた痛くなる

あるいは

電気を当てたり

マッサージしたり

ストレッチしたりしても

完治しない。

 

もっとすっきり治って

元のようにテニスやゴルフを

楽しみたい。

そんな望みをお持ちなら

一度ミオンパシーを

お試しください。

後悔はされないと思います。

 

でも、ボキボキしたり


グリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめながら


肘痛の場合、主に前腕などを持ち上げたり


ひねったりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の肘痛の原因に


なっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 

ミオンパシーは

日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の先生にも認めていただいた

科学的根拠に基づいた

痛みなく安心安全な最新の手技療法です。

 

はじめての方でも安心してお受けいただけます。

ご予約は下記リンクからお取りいただけます。

 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約


お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。