お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.10.21肩こり

左の肩こりは胃の疲れが原因?

左肩こり原因





 

左の肩が


よくこる原因


 

左の肩がよくこる

という方はおられませんか?

 

左ばかり肩がこるという


原因は二つ


 

ひとつは

仕事中などの姿勢

 

例えば

パソコンのモニターが

少し左側にあり

ずっと少し左を向いて

仕事をしているような場合

PCに向かって左を向く肩こり

顔を左に向ける筋肉が絶えず縮んで

緊張して硬くなり

ロックしてしまうことがひとつ

例えば、頭板状筋や頸板状筋など

頭板状筋・頸板状筋

これらがロックすると

首の痛みやこりも起こります。

 

また

左をずっと向いていることで

顔を右に向ける筋肉が

引き伸ばされる状態が続くので

顔を右に向ける筋肉の右の上部僧帽筋

上部僧帽筋右

などが、ロックして硬くなり

顔を左に向けることの抵抗に

なることによって

左側の筋肉に負荷がかかって

左の肩がこるようになることも

あります。

 

筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

左の肩がよくこる理由


二つ目は


胃の疲れです。


左肩こりの原因、胃の疲れ

胃は、体の左側

特に上半身の筋肉と

神経的に繋がっています。

 

胃の調子が悪いと

その信号はまず脳に届きます。

胃と脳のつながり

その後、胃と関係する筋肉に

脳から信号が届きます。

 

胃と関係性の深い筋肉には

菱形筋

菱形筋

母指少指対立筋

母指小指対立筋

円回内筋

円回内筋

上腕二頭筋

上腕二頭筋

などがありますが

 

脳からこれらの筋肉に

胃の異常を知らせる信号が

届き続けることで

これらの筋肉を緊張させ

ロックを起こして、筋肉が硬くなります。

 

硬くなった筋肉は

血流が悪くなりますので

動脈に含まれた酸素が

筋肉の細胞に入りにくくなり

 

ブラジキニンという

血管拡張作用・痛みを出す作用

を持った化学物質が発生します。

 

その発痛物質が脳に届いて

痛みやコリを感じるようになります。

ブラジキニン

これが

左の肩こりの原因の二つ目です。

 

これら、物理的な姿勢などの原因にせよ

内臓の疲労が原因のことにせよ

筋肉がロックして硬くなると

筋肉を包む筋膜も硬くなります。

 

すると、硬くなった筋膜の中で

筋肉が鬱血しむくみ

中から筋膜を押し上げることになり

その圧迫が筋膜の痛みを出す

ということも起こります。

 

これも、肩こりの原因です。

 

こういった理由で起こる

左の肩こりを解消するには

 

一つ目の理由である

無意識に少し左を向くような

姿勢が多いことに気づいて

それを改善すること。

 

例えばPCのモニターを

正面から見られるようにする。

あるいは、家でテレビを見る

位置を変える、など。

 

そして、当然

硬くロックした筋肉を

ロックの解放を行うことで

柔らかい元の状態に戻してあげること

が、必要です。

 

また、意外に多い

胃の不調が原因の左肩こり

に関しては

 

胃の不調に

心当たりがある場合は

胃を休める工夫をすること。

 

案外、胃の丈夫な人ほど

食べ過ぎて

胃を疲れさせていることが

多いので

お気をつけくださいね。

 

実際

 

左肩こりの改善のために


胃と繋がっている


胸椎5番を集中して施術して


左の肩こりが改善するケースも


あります。


※これも筋肉ロック解放で行います。

 

肩こりは

上半身だけでなく

下半身にも問題が

あることが多いので

1回で無くなって再発しない

というのは難しいのですが

 

こういった問題を解決すれば

肩こりが気になって仕方がない

という生活から

抜け出すことができます。

 

筋肉ロックを外して


筋肉を素の柔らかさに戻し


左の肩こりを楽にできる



いぎあ☆すてーしょんの

新手技療法ミオンパシーを

一度お試しください。

 

でも、ボキボキしたり


グリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめながら


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因に


なっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 

ミオンパシーは

日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の先生にも認めていただいた

科学的根拠に基づく全く危険のない

安全でソフトな施術ですので

安心してお受けいただけます。

 

ご予約は下記リンクから


お取りいただけます。




メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。