お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.10.19頭痛

頭痛を薬を飲まずに治す方法ってあるの?

頭痛の原因






 

頭痛の原因と解消法


 

ひどくなると

何も考えらなくなったり

吐き気がしたり

目の奥が痛い

とにかく目を使いたくない

動くたびに頭に響く

 

など

辛い頭痛の症状で

長年のお悩みの方は

特に女性に多いようです。

 

こういった辛い頭痛から

解放されたら…

 

頭痛薬を毎日のように


飲んだり


辛いのを我慢して


仕事したり


しなくてもよくなったら


どれだけ幸せな気分に


なることでしょう。


頭痛解消


もし、このページをお読みの皆さんが

こういった慢性の頭痛にお悩みなら

このページの情報が

お役に立つかもしれません。

ぜひ読み進めてくださいね。


頭痛を改善するためには


まず頭痛の原因を知る


ことが必要です。


 

頭痛の原因が分かって、原因を無くさないと

頭痛を根本的に改善することはできません。

頭痛の原因が分からないから

原因をなくす方法も分からないから

仕方なく、頭痛薬で

その場しのぎを続けている・・・

そうではないですか?


では

頭痛の原因とは何でしょう?

 

頭痛の直接の原因は


頭の酸素欠乏です。


頭痛の原因酸素欠乏

頭に酸素が足りなくなると

酸素欠乏を知らせるために

頭痛が起こります。

 

普段そんなに頭痛がない人でも


締め切った部屋に


大人数で長時間いると


二酸化炭素が増えて


酸素が欠乏し


頭痛が起こったりします。



慢性的に頭が痛い


という人は


慢性的に


頭に酸素が


不足しているのです。


頭痛酸欠

突然の激しい頭痛などは

この場合に当てはまりません。

脳梗塞などの可能性が

考えられますので

すぐに病院を受診してください。

 

このページで扱うのは

慢性的に痛い、という頭痛です。

いわゆる

筋緊張性頭痛や

偏頭痛と呼ばれる頭痛です。

 

これら、慢性の頭痛を解消するためには

頭の酸素欠乏を

解消してあげる必要があります。

 

では、慢性頭痛の原因になる

頭の酸素欠乏は、なぜ起こるのでしょう?

 

頭が酸欠になるわけは

首・肩・背中などの筋肉が

硬くなっていることです。

頭痛の原因肩こり

首や肩の筋肉が硬くなると

硬くなった筋肉が血管を圧迫し

血流が悪くなります。

 

すると、動脈に含まれた酸素を含んだ

赤血球が運ばれにくくなり

頭が酸欠になって、痛むのです。

血管拡張作用ブラジキニン

 

「だったらマッサージやストレッチで治る?」

 

残念ながら


マッサージやストレッチでは


慢性の頭痛は治りません。


 

これらの方法では

慢性的に硬くなった筋肉を

根本的に和らげて

柔らかい状態を保つ

ということが難しいからです。

 

どちらも

一時的に柔らかくなる

ということはあります。

ですが

筋肉が硬くなってしまっている

根本的な原因を

無くすことができないからです。

 

では、どうしたら

慢性的に硬くなった筋肉を

和らげることができるか?

ですが

 

それには

筋肉ロックを、緩めることが必要です。

 

筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


リンクをご覧いただくと

お分りいただけると思いますが

 

筋肉がロックすると

硬くなった筋肉が血管を圧迫し

血流が悪くなって

筋肉自身や、その筋肉を通って

届くはずの酸素が届きにくくなります。

 

ですから

首・肩・背中・胸

などの筋肉が硬くなると

頭に酸素が足りなくなって

頭痛が起こるのです。

慢性頭痛

慢性の頭痛は

薬を飲むだけでは治りません。

何度も言いますが

薬では、頭痛の原因が

無くならないからです。

 

根本的に

慢性頭痛を治そうと思ったら

筋肉ロックを外さなければ

なりません。

 

いぎあ☆すてーしょんでは

最新の手技療法

新筋肉療法ミオンパシーという

技術を用いて

首・肩・背中をはじめ

血行改善に大きな影響を持つ

脚の筋肉など

頭痛に関係する全身の筋肉を

解きほぐします。

 

さらに

それでも少し頭痛が残る場合は

頭蓋骨についている筋肉や

頭蓋骨の一部そのものの

可動性を取り戻す施術を行います。

※頭蓋骨を動かすと言っても

ソフトで安全な方法で行います。

危険はないのでご安心ください。

 

でも、頭以外は、ボキボキしたり


グリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめながら


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因に


なっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 

そこまでしても

まだ少し頭痛が残るという方には

栄養バランスの改善の

アドバイスなども行います。

 

院長の松尾は「分子栄養学」という

栄養に関する知識も豊富です。

筋肉が柔らかいのに頭痛がある

という場合は

女性に多い「鉄欠乏性貧血」

という栄養不足による頭痛の

可能性もありますので

どのような栄養を摂ればいいのかも

お伝えできます。

 

ここまでして

慢性の頭痛が治らないという方は

ほとんどおられません。

 

慢性頭痛の原因

筋肉ロックを

とってもソフトに安全に外して

皆さんの

慢性的な頭痛から解放する

お手伝いを

ぜひさせてください。

 

ミオンパシーは


日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。