お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.10.19肩こり

右肩こりの原因が   内臓に?

右の肩こり原因




右の肩こりの原因



右の肩こりの原因は姿勢と

内臓の疲れにあります。

 

姿勢に関しては


日常的に


右を向くことが多い場合


右の首〜肩〜背中の


筋肉が緊張して硬くなり


酸素欠乏からくる


痛みが起こります。


 

1.筋肉の使いすぎで

筋肉が硬くなる=筋肉ロック

2.筋肉が硬くなって

血流が悪化する

3.血流が悪化して

筋肉に動脈からの酸素が

入りにくくなる

4.血管拡張作用のある

化学物質が発生する

5.その化学物質=ブラジキニン

が痛みを脳に伝える

6.右の肩こりが起こる

血管拡張作用ブラジキニン

 

という順番で

右肩こりが起こります。

 

さらに

筋肉がロックして硬くなり

伸び縮みしにくくなると

筋肉を覆っている筋膜まで硬くなります。

すると、硬くなった筋膜の内側で

筋肉が鬱血し、中から筋膜を押し広げる

という力が働いた時に

筋膜が痛みを出します。

 

これも、もともとは

筋肉ロックが原因の肩こりです。

 

マッサージなどでまったく効果がなく

終わって帰る時にはもうこっている

というのは、筋肉ロックのこりや痛み。

 

マッサージや筋膜リリース筋膜ほぐし

などを受けた後

しばらくの間楽になるという場合は

筋膜がほぐされることで

筋肉の鬱血による筋膜への圧迫が

解消されている、ということです。

 

ですが、そもそも筋膜が硬くなる原因の

筋肉ロックがなくなっていないので

長くて2〜3日

早ければ、その日のうちに

こりや痛みが戻ってしまいます。

 

こういった筋肉ロックや筋膜が硬くなった

場合の右肩こりの解消方法は

 

◯偏った体の使い方を改める


右肩周辺の筋肉ロックを外す


これで右肩のこりは良くなります。


 

実は、ミオンパシーの施術は

筋肉ロックの解放と同時に

筋膜も柔らかくすることが

できるからです。

 

筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

ところが、内臓の疲れによる

右肩こりは

内臓そのものを元気に

してあげなくてはなりません。

 

右の肩こりに


関係する内臓は


肝臓・胆嚢です。


右肩こりに関係する肝臓・胆嚢


体の右側にある内臓が疲れると

体の右側の筋肉が緊張します。

そして、姿勢が原因の肩こりと同じく

筋肉が緊張=ロックします。

 

右肩のこりに関係していて

肝臓などと関係性の深い筋肉は

大胸筋

大胸筋

菱形筋

菱形筋

などです。

 

肝臓・胆嚢の疲れが

右肩こりの原因に

なっている場合には

どうすればいいか?

 

脂っこいものの食べすぎ

お酒の飲みすぎなどを控え

胆嚢・肝臓と繋がっている

胸椎4番・8番の周囲の

筋肉ロックを外した上で

胸椎

右首〜肩〜背中〜胸

などの筋肉ロックを外すと

内臓の調子が戻り

筋肉が柔軟になり

血流が回復して

痛みが消えます。

 

ちなみに

肩こりに湿布を貼ることが

あるかもしれませんが

肩こりに湿布

湿布を貼っても肩こりは治りません。

効果なし

 

真剣に湿布で肩こりが治る

と、考えておられる方は

居ないと思いますが(苦笑)。

 

なぜ、湿布で肩こりが治らないのか

それは、湿布では

肩こりの原因をなくすことが

できないからです。

 

湿布で筋肉ロックを解放することも

内臓の疲れを回復させることは

不可能です。

 

右肩こりにお悩みの皆さん


安全にソフトに


筋肉ロックを外して


慢性の右肩こりを


解消するために


 

一度


いぎあ☆すてーしょんの


新手技療法ミオンパシーを


試してみられませんか?


 

でも、ボキボキしたり

グリグリするんじゃ?

痛いのは嫌なんだけど・・・

 

ご安心ください。

ミオンパシーの施術は

とてもソフトで安全です。

 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめながら


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因に


なっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 

ミオンパシーは


日本で最初に「筋筋膜性疼痛症候群」を


提唱された整形外科医の先生にも


認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。




メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。