お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.10.12前屈時の腰痛の原因

前屈時の腰痛の原因は?

体を前に曲げると腰が痛い理由






 

腰を前に曲げると


痛む腰痛の


本当の原因は?



身体を前に曲げると

腰が痛いですか?

 

例えば

◯朝顔を洗うときに


腰が痛くて


洗面台に肘をついて洗う


朝顔を洗う時に腰が痛む

◯シャンプーするときに腰が痛い


頭を洗う時に腰が痛む

◯掃除機をかけるときに


 腰が痛くて辛い


掃除機をかける時に腰が痛む

◯座っていると


腰が痛くなる


座っていると腰が痛む

など

 

体を前に曲げる動作


で腰が痛む人の原因


 

直接的には

背中側の筋肉が硬くなっていて

屈む動作で、その硬くなった筋肉が

伸ばされた時に

 

伸ばされた腰の筋肉が

酸素欠乏になって

痛みます。

 

 

筋肉が硬くなった時に発生する

ブラジキニンという化学物質は

血管を広げるとともに

異常を知らせるために

神経を伝って痛みの物質を脳に送ります。

血管拡張作用ブラジキニン

だったらストレッチとかすれば

治るのでは?

 

残念ながら


ストレッチでは治りません。


慢性の腰痛でお悩みの方なら


ストレッチ程度は


されたことがあると思います。


 

ても、効果が無いから


他に何か良い情報は?


ということで


このページに


たどり着かれたのですよね。


 

なぜ、ストレッチでは


前屈時の腰痛が


治らないのか?



それは


1.ストレッチの効果が


短時間で終わること


そして



2.ストレッチでは


根本的な原因を


無くすことが


できない


 

という理由があるからです。

 

1.の

ストレッチで腰痛が治らない理由について

多くの方が

筋肉に対するイメージを

間違ってとらえられています。

筋肉はストレッチすると

だんだん柔らかくなる

というものです。

 

皆さんは、筋肉を


粘土やつきたてのお餅のように


引っ張ると伸びる


と、思っておられませんか?



もし、粘土やつきたてのお餅のように

筋肉もストレッチをした結果

引っ張られて伸びたままだと

弾力がなく

伸びきった筋肉にしかなりません。

筋肉は粘土や餅のようなものではなあ

そんな筋肉は役に立ちません。

筋肉は

自由に伸び縮みして

初めて役に立つものだからです。

 

ですから

 

最近では


スポーツ、運動の前に


ストレッチをやり過ぎることは


怪我の原因


スポーツのパフォーマンスを


落とす原因として


やらない方がいい


と、言われてきています。


これが1つ目の理由

そして

 

2.の


ストレッチでは腰痛の根本的な原因を


なくすことができない理由については


筋肉が


硬くなっているのは


単なる老化や運動不足のせい


ではないからです。


 

筋肉が硬くなっているのは


筋肉がロックしていることが


原因だからです。


 

筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


筋肉がロックすると

自由に伸び縮みしにくくなります。

そのことが

前屈時の腰痛の

原因になっているのです。

 

前屈時の腰痛の原因は

背骨や股関節を伸展させる筋肉である

脊柱起立筋

脊柱起立筋

広背筋

広背筋

腰方形筋

腰方形筋

臀筋群

大臀筋

そして、太ももの後ろ側の筋肉

ハムストリング

ハムストリング

 

これらの全て、もしくはほとんどの

筋肉ロックを解消しないと

前屈時の腰痛が

根本的に改善することは

非常に難しいのです。

 

カイロプラクティックでも

優秀な技術を持った人は

骨にアプローチしても

結果的に筋肉にも良い影響を

与えることが出来ます。

でも、そんな高度な技術を持った

カイロプラクターは

残念ながら、ほんの一部です。

 

いぎあ☆すてーしょんで行なっている

筋肉ロックを外して

筋肉を元の柔軟な状態に戻す手技

ミオンパシーは

誰でも平均的に

効果を出しやすいように

開発されてきました。

飛び抜けた才能が無くても

高いレベルの効果が出るのが

ミオンパシーです。

 

これまで色々な施術を受けたり

治療を受けて

良い結果が得られなかった

前屈時の腰痛に悩む皆様

一度ミオンパシーを

試してみられませんか?

 

でも、ボキボキしたり


グリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因に


なっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 


従来の常識にとらわれない

まったく新しい手技療法

ミオンパシーは


日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


 

はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約


お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。