お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.10.03椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは   怖くない?!

椎間板ヘルニアが怖くない理由
椎間板ヘルニアを恐れるな



椎間板ヘルニアは


決して恐ろしいもの


ではありません。



皆さんは

椎間板ヘルニアを

怖がりすぎて

いませんか?

 

椎間板ヘルニアは

X線(発明者の名前を取って

レントゲンと言われることが多い)

の発明によって

たまたま腰痛患者に

椎間板ヘルニアが見つかったことで

腰痛の原因とされたのが始まりです。

ですが

海外では椎間板ヘルニアを

腰痛の原因などと

言っているドクターは

ほとんど居ないでしょう。

 

椎間板ヘルニアが


神経を圧迫して痛む


などということは


ありません。


ヘルニアが神経を圧迫?

写真を見ていただくと

お分かりいただけると思いますが

飛び出した椎間板が

こんなにピンポイントに

神経に当たる確率が

果たしてどれだけあるでしょうか?

 

しかも、神経は針金のように硬いもの

ではありません。

ヘルニアが出てきたからといって

黙って大人しく圧迫されることは

ありません。

ヘルニアに押されれば避けます。

ですから

こんなにまともに圧迫されることは

ほぼ無いとお考えください。

 

しかも、もっと大事なことは

神経は圧迫されて痛むようなもの

ではない、ということです。

 

神経は、神経伝達物質を通すための

管、のようなものです。

ですから、滅多にないことですが

このように圧迫されれば

神経伝達物質が流れにくくなり

麻痺、が起こります。

 

感覚神経が圧迫されれば

感じなくなりますし

運動神経が圧迫されれば

腰椎の場合なら

脚が動かせなくなります。

これらのことは

生理学の分野では常識です。

 

医学の知識が間違っているのです。


ヘルニアを恐れることはありません。


痛みがあるということは


むしろ、神経はちゃんと働いている


ということなのですから。


 

痛みは筋肉ロックが原因です。


筋肉が慢性的に硬くなり=ロック


血流が悪化した筋肉の酸素欠乏を


知らせるための神経伝達物質が


神経を伝って脳に届いて痛む。


 

また、筋肉が硬くなった状態で


関節を動かそうとするときに


関節に負荷がかかり


それを知らせるために


神経を伝って神経伝達物質が脳に届き


痛みを感じる。


この二つが主な慢性痛の痛みです。


 

ヘルニアを手術しても

痛みが取れないことが多いのは

当然なのです。

 

筋肉が慢性痛の原因である


というのは


アメリカでそもそも見つかった


  筋筋膜性疼痛症候群


で、主張されています。


 

筋筋膜性疼痛症候群を

日本で初めて主張されたのが

石川県の整形外科医

加茂先生です。

 

同じく、筋筋膜性疼痛症候群を

痛みの原因とする

新筋肉療法ミオンパシーを構築した

一般社団法人ミオンパシー協会

代表理事の松尾は

その加茂先生に

整形外科医が認めた整体師

と、言っていただきました。

 

下記に

海外ではほとんどヘルニアの手術はしない

という記事を挙げます。

 

※腰椎椎間板ヘルニア患者のなかで

どの程度の患者が手術に至るか。

要約:強い症状を呈するか

病状が長期に及ぶ

腰椎椎間板ヘルニア患者群において

手術に至るのは10~30%程度である。

(Guide C)



椎間板ヘルニアに対して


手術を受けた患者に関する


各国の統計をみると


米国では10万人中45~90人


フィンランドでは35人


スウェーデンでは20人


英国では10人と報告されている。






以上、日本整形外科学会


腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン


より抜粋


加茂整形外科医院HPより抜粋


 

なのに、未だに日本では

「ヘルニアがあるから痛い」

と信じ続けている

ドクターや患者さんが

ほとんどです。

 

ネット上の情報を検索してみると

椎間板ヘルニア=腰痛

という情報の多いこと多いこと。

これにみんなだまされています。

 

「常識とは多くの人が

正しいと信じていることで

必ずしも真実とは限らない」

でも、以下のリンクをご覧ください。

加茂整形外科医院

 

加茂先生は最近テレビなどでも

活躍されている先生です。

加茂先生のヘルニアに関する記事

これらのリンクの記事を読んでも

まだヘルニアが腰痛の原因だと

信じられますか?

では、もしヘルニアが

腰痛の原因でないとしたら?

 

腰痛の原因は


筋肉ロックです。


 

慢性痛の原因筋肉ロックとは?



加茂先生は筋肉の攣縮が痛みを発する

と、言われていて

トリガーポイント注射などで

痛みを取る治療をされています。

 

私たちは

アメリカ生まれの徒手医学

「オステオパシー」の原理を応用した

筋肉ロックを外して

筋肉の拘縮を緩める

という手技を行っています。

 

アプローチの仕方は違いますが

根本的な腰痛の原因に対する考え方は

同じです。

 

はたして

加茂整形外科医院に通う

重症の患者さんたち

そして

いぎあ☆すてーしょんにお越しになる

腰痛患者さん達と

一般の整形外科に通う

腰痛患者さん達では

どちらが治癒率・改善率が

高いのでしょうか?

一度統計を取って欲しいと思います。

 

とにかく、椎間板ヘルニアと腰痛は


ほとんどの場合無関係です。


ヘルニアがあってもなくても


腰痛になる人はなるし


ならない人はならないのです。


これはアメリカの


医学データにもあります。



以前の研究で

Wood医師らは

無痛性椎間板ヘルニアが

極めて一般的な所見

であることを明らかにしている。

平均年齢40歳の

無症状の被験者60人のうち

37%に明らかな椎間板ヘルニア

53%に椎間板膨隆

58%に線維輸断裂を認めた。

同様に症状を伴わない

脊髄の変形も29%と

驚くほど多くの被験者に認められた

(Journal of Bone and Joint Surgery,1995;77-A(11):1631-1638を参照)。

加茂整形外科医院HPより抜粋


いかがでしょうか。

 

腰痛の原因は


ヘルニアではありません。


筋肉ロックによる


筋肉の拘縮が原因です。


筋肉を元の柔らかい状態に戻せば


ヘルニアがあるなしに関わらず


痛みは無くなります。



ヘルニアがあっても腰痛が改善する

ミオンパシーは、とても体に優しい

施術法です。

 

も、ボキボキしたり


グリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性腰痛の


原因になっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


腰痛が初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 


整形外科に通っても

湿布や痛み止めの薬をもらうだけで

腰痛が治らない

「腰の痛みがとれない」というと

「手術しかない」と言われて

不安におののいている皆さん

一度だまされたと思って

新手技療法ミオンパシーを

受けてみられませんか?

 

ミオンパシーは


日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


 

はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。