お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.09.12椎間板ヘルニア

腰痛に腰を揉んだり  伸ばしたりは、逆効果?





腰痛に腰を揉むのは逆効果



腰痛の真の原因は


 

筋肉が硬くなること


 

です。

 

筋肉が固くなっていることが分かる

先生や施術家は沢山おられます。

というか、分からない先生は

おられないでしょう。

 

少なくとも

画像診断がメインの

整形外科の先生よりは

わかるはずです。

毎日筋肉や体を触っておられるのですから

当然のことです。

 

でも、ほとんどの場合

硬くなった筋肉が

効果的に緩められていません。

 

なぜ効果的に筋肉が


緩んでいないのか?



 

押す、揉む、伸ばす


温めるなどの


一般的な方法では


 

慢性の腰の痛みが


すぐに痛みが


戻ってしまう


ことで分かります。



硬くなった筋肉を効果的に


緩ませられたら


柔らかくなった筋肉は


すぐに硬い状態に戻ったり


しません。



ではなぜ、通常の方法では

腰痛が治るために必要な、縮んだ筋肉を

緩ませられないのでしょう?

 

実は筋肉には


自動車のシートベルトと


似た仕組みがあります。


シートベルトロック

シートベルトは


交通事故のときなどに


体を守るシステムですね。


 

筋肉にも同じように


急に引っ張られたりすると


ギュッと縮んで


筋肉や関節を守る


システムが備わっています。


筋肉への負荷に筋紡錘が反応


上の漫画のように

筋肉や関節に無理な負荷がかかった時に

負荷を感じる装置が

体には備わっています。

 

一般的には

硬くなった筋肉をストレッチしたり

揉んだり電気を当てたりします。

 

ですが

ロックしたシートベルトを

無理矢理引っ張っても伸びないように

 

またシートベルトを

揉んだり押したりしても

元に戻らないように

 

急に引っ張られて縮んだ筋肉も

押したり、揉んだり伸ばしたり

電気を当てる、などの一般的な方法では

元に戻ってくれません。

 

それどころか

そういった刺激によって

ますます硬くなってしまうこともあります。

筋肉ロックにストレッチ・マッサージは無効

この絵のように

筋肉や関節を守ろうとしている

システムに対して

外部からの刺激によって

アプローチすることは

効果的ではありません。

 

なぜなら、筋肉そのものを守ろうとして

硬くなっているのに

押す・揉む・伸ばす、などの方法は

逆効果になってしまうことが多いからです。

 

北風と太陽の寓話をご存知だと思います。

北風と太陽

たとえ良かれと思ってしたことでも

外部からの刺激によって

力づくで言うことを聞かせるようなやり方は

どんな場合でも逆効果になりやすいのです。

 

筋紡錘が過剰に反応

力づくで、言うことを聞かせるような

アプローチをされると

上の漫画のように

筋肉は、ますます頑張って

筋肉や関節を守ろうとします。

そういう仕組みになっているからです。

 

北風と太陽の寓話なら

北風のやり方ですね。

北風

 

こういった筋肉や関節を守る仕組みの

筋肉のロックを

効果的に解除するためには

 

筋肉の仕組みを知って

筋肉が無理なく

自動的に元に戻るような

施術を行う必要があります。

 

それが「ミオンパシー」なのです。

筋肉ロック解除の為に筋紡錘に情報を与える

ミオンパシーは、力づくのアプローチ

ではありません。

むしろ、優しく声をかけて

守る必要がないことを教えてあげる

 

というようなアプローチの仕方です。

北風と太陽でいうと

太陽のようなアプローチの仕方

といっていいでしょう。

太陽のやり方

 

筋肉ロックの詳しい説明は

下記の絵のリンクから

ご覧ください。



 

慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

ミオンパシーでは

筋肉をロックさせている原因

筋繊維に巻き付いていて

筋繊維に「縮め」という

信号を送っている「筋紡錘」という器官に

「もう信号を止めていい」という情報を送る

MSR(muscle spindle release)

=筋紡錘解法テクニック

という技術を用いて

筋肉ロックを無理なく痛みを伴わない方法で

外します。

 

筋肉ロックを外して


硬くなった筋肉を


元の柔らかい状態に戻し


様々な慢性痛やこり


自律神経のアンバランスなどを


正常にできるのがミオンパシーです。


筋肉ロックを外すと筋肉が最大能力を発揮

筋肉ロックが外れると

上の漫画のように

筋肉は本来の能力を取り戻し

自由に伸び縮みできるようになります。

 

皆さんの体も

痛みなく自由に動けるようになります。

 

慢性の腰痛に関して

筋肉ロックを解放しなければならない筋肉は

まず一番に、大腰筋

大腰筋

他にも

大腿直筋や、大腿筋膜張筋・内転筋などの

股関節屈筋群です。

腰痛の原因股関節屈筋群ロック

これらの筋肉のロックを解放したら

次に行うのが

実際に痛みを出している筋肉群

脊柱起立筋や広背筋など

脊柱起立筋広背筋

 

さらに、臀筋や太ももの後ろの筋肉など

大臀筋膝関節の屈筋群

 

こういった、たくさんの筋肉の

ロックを解放してはじめて

腰痛は根本的に改善します。

 

反対に

これらの筋肉のロックを解放することなしに

慢性の腰痛を、根本的に改善することは

不可能といっても過言ではないでしょう。

 

ミオンパシーは

整形外科医の先生にも認めていただいている

科学的根拠に基づいた

痛みなく安心安全な最新の手技療法です。

 

ミオンパシーの施術の方法


 

ロックしている筋肉の場所=ロックポイント

を、見つけて

「硬い・痛い」というロックポイントが

緩む姿勢を取ります。

 

施術を受ける方が、その姿勢によって

どこかに痛みが出ないか確かめながら

腕や脚などを持ち上げたりしながら

ロックポイントが緩み

硬さや痛みが消える姿勢を探し

痛みがどこにも出ないようなら

その姿勢を約90秒保ちます。

 

90秒経ったら

ゆっくり元の姿勢に戻します。

 

たったこれだけです。

こういう施術を

皆さんの腰痛の原因になっている筋肉の

ロックポイントごとに行います。

 

ロックポイント1箇所につき

見つけて緩む姿勢をとって戻すのに

最短で120秒ほどかかります。

 

60分の施術で

最大30箇所緩められる計算になります。

実際には、お話しながら

症状についてお聞きしながら

ですので

そこまでの場所は緩められませんが

なるべくたくさんの筋肉ロックを外して

痛みが初回から軽減するように努めています。

 

こういうような

体にまったく負担をかけない

ソフトで安全な技術ですので

はじめての方でも安心してお受けいただけます。

 

慢性腰痛で悩んでおられて

「どこにいっても治らない」

と、腰痛迷子のようになってしまっている

腰痛患者の皆様

 

ぜひ一度、いぎあ☆すてーしょんの

従来の常識をひっくり返す全く新しい手技療法

ミオンパシーを受けてみてください。

 

ご予約は下記リンクからお取りいただけます。

 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。