お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.07.22息苦しい

常に息苦しい原因は、後鋸筋の筋肉ロック

息苦しい原因
息苦しい原因








常に息苦しい。


深呼吸をしても


酸素が入ってきにくい


感じがある。


 

病院を受診しても


肺気胸のような


疾病も見つからない


だけど、息苦しくて


背中にコリがいつもある。


 

もし、そんな症状でお悩みなら

これらの症状に関係するのは


後鋸筋という筋肉が考えられます。


 

後鋸筋は、背中側の上下にあり

肋骨の動きに関係します。


後鋸筋

背中や肩のこり


腰痛にも関係します。


 

息苦しさや背中・腰の痛み


コリを起こす時は


この上下後鋸筋が硬直している


状態の時です。


 

後鋸筋が硬直するので


肋骨が動きにくくなり


息苦しさに繋がるのです。



私たちが行なっている


最新の手技療法ミオンパシーは


こういった筋肉の慢性の硬直


「筋肉ロック」と名付けました。


 

あらゆるコリや痛みは


筋肉ロックが原因になっています。


 

筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?



後鋸筋は


下部は広背筋


上部は、僧帽筋や菱形筋の内側に


あります。


 

後鋸筋がロックしているということは


かなり重症だと言えます。


 

いぎあ☆すてーしょんの


新筋肉療法ミオンパシーは


後鋸筋のような


深部の筋肉のロックも外せます。


 

後鋸筋がロックして硬くなり

伸び縮みしにくくなると

肋骨の動きが悪くなります。

 

すると、息を吸う時も吐く時も

肺が十分に膨らんだりしぼんだりしにくくなります。

 

そのことで

 

「深呼吸をしようとしても酸素が十分入ってこない」

「息を吐き切ろうとしても吐ききれない」

 

というような症状、つまり

「息苦しい」という感じが常にあることになります。

 

改善方法は、後鋸筋のロックを外すこと。

 

当然、後鋸筋だけではなく

肋間筋や、斜角筋、前鋸筋といった

肋骨に直接付いている筋肉の他

肋間筋

呼吸に大きく関与する「横隔膜」

横隔膜

とくっついている

「大腰筋」

大腰筋

などのロックも

外す必要があることがほとんどです。

いぎあ☆すてーしょんの筋肉療法ミオンパシーは

これらすべてのことを行うことができます。

 

常に息苦しいことにお悩みの皆さん


また、背中の頑固なコリや痛みで


お困りの方


また


こういったコリをほぐせなくて


困っている


施術家の皆さん


一度ミオンパシーを


体験してみられませんか?


 

新手技療法ミオンパシーは


アメリカでは20年以上前に発表された


筋筋膜性疼痛症候群を


日本で最初に提唱された


整形外科の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた安心安全


痛みを伴わない最新の手技療法です。


 

ミオンパシーの施術方法●


 

痛みやこり、他の体調不良の


原因になっている


筋肉ロックがある場所(ロックポイント)を


指先で見つけ出し


ロックポイントの硬結(硬くなっている)が


緩む体勢を見つけてその姿勢を取ります。


 

緩む体勢を取っている時に


他の場所に痛みなどが


出ていないかを確かめたら


その姿勢を約90秒保ちます。


その間に筋肉が自動的に緩んでいきます。


 

90秒経ったら


元の姿勢にゆっくりと戻します。


ロックポイントの痛みや硬結が


無くなっていたら


その場所の施術は終了です。


 

そうして、その症状の原因になっている


筋肉の硬結=ロックポイントを


次々と緩めていきます。


まったく痛みもなく危険性もない


施術方法です。


 

しかも、痛みが出ている場所ではなく


原因になっている場所に


施術しますので


すぐに症状が戻ってしまう


というようなことがありません。


 

筋肉ロックとは


車のシートベルトと似た仕組みで


体を保護するシステムです。


筋肉に無理な負荷が掛かった時に


筋肉自身や関節を守るために


車のシートベルトがロックする時のように


キュッと硬く縮みます。


この状態が慢性化したものを


ミオンパシーでは筋肉ロック


と、呼んでいます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。