お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.07.18ヒップアップ

ヒップ周り(中臀筋)のトレーニング効率を上げる方

中臀筋トレーニングの前にやっておくべきこと




中臀筋トレーニングの前にやっておくべきこと

ヒップ周りの


トレーニングで


大切なこと。


 

ヒップの上部を形作る中臀筋は


ウエストとの差を作る意味でも


プロポーション作りにおいて


大切な筋肉です。


中臀筋

中臀筋のトレーニングでは


内転筋群が硬くなっていると


股関節が痛くなったり


臀筋自体のトレーニング効率が落ちます。


 

内転筋群の筋肉ロックを外しておくことで


トレーニングの効果が上がります。


股関節内転筋群

その理由は…

 

関節を動かす時には


縮む筋肉と伸びる筋肉があります。

縮む方の筋肉を主動筋。

主動筋が縮む時に自動的に伸びる筋肉を

拮抗筋といいます。

主動筋と拮抗筋

中臀筋のトレーニングでは

中臀筋が主動筋です。

拮抗筋が股関節の内転筋群です。

 

主動筋を鍛えるためには


反対の働きをする拮抗筋を


柔らかくしておくことが大切です。


 

なぜなら

拮抗筋が硬くなっていると

主動筋を収縮させる時に

拮抗筋が自動的に伸びる率が低くなり

主動筋の収縮の抵抗に

なってしまうからです。

 

筋肉は、十分に収縮してはじめて

筋細胞の破壊が起こり

その後の超回復によって

筋細胞が増えて大きくなります。

 

ところが

拮抗筋の伸張率が下がっていると

主動筋を十分に収縮することが

出来なくなります。

 

すると、トレーニングを

頑張っている割には

効果が出ない

ということが起こります。

 

中臀筋トレーニングを


一生懸命やっているのに


なかなかヒップの形が変わらない。


トレーニングの効果が出ていない。


という方は


拮抗筋の内転筋群のロックがある


可能性が高いと思います。


 

内転筋のロックがある状態で

トレーニングを頑張っていると

その影響で

やがて中臀筋までロック

してしまうことがあります。

 

中臀筋までロックしてしまうと

トレーニング効果が上がらないどころか

腰痛の原因にもなってしまいますから

なるべく早く

内転筋群にロックがあるか無いかを

調べられた方が良いと思います。

 

その際に

中臀筋にもロックがあれば

中臀筋のロックを外すことで

中臀筋そのものの収縮率も高まり

トレーニング効果が上がります。

 

筋肉ロックとは


車のシートベルトと似た仕組みで


体を保護するシステムです。


筋肉に無理な負荷が掛かった時に


筋肉自身や関節を守るために


車のシートベルトがロックする時のように


キュッと硬く縮みます。


この状態が慢性化したものを


ミオンパシーでは筋肉ロック


と、呼んでいます。


 

内転筋・中臀筋のロックを解除する


新手技療法ミオンパシーは


アメリカでは20年以上前に発表された


筋筋膜性疼痛症候群を


日本で最初に提唱された


整形外科の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた安心安全


痛みを伴わない最新の手技療法です。


 

ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。