お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.07.01今の悩みは将来の糧

今の痛みは将来の糧?

いつかきっと晴れる
いつかきっと晴れる

いぎあ☆すてーしょん総院長の松尾毅です。

慢性痛に悩むみなさまに


「あれがあった


からこそ今がある」


と言える人生を


生きていただけたら


と、強く思います。


 

生きていると色んなことが起こります。


その出来事を


「あんなことがあったから


今自分はこんなになっている」


「あのことのせいであの人のせいで


 

という人生を送るのも


 

「あれがあったからこそ今自分は幸せだ」


「あのこと、あの人のおかげで今がある」


という人生を送るのも


全て自分が選べます。


 

何事も、誰も、皆さんの人生を


コントロールできません。


全ては自分がコントロール


できることです。


そして、私たちが


コントロールできるのは


自分の考え方と行動です。



私が、今この仕事をしているのは

高校生の時に、同級生を自殺で亡くす。

同じように、同級生が卒業してすぐに

病気で亡くなる。

従姉妹が中学生で病気で亡くなる。

親戚の叔父さん叔母さんが

病気で亡くなる。

など

 

人生道半ばで亡くなる人を何人も見てきて

命の尊さ、命の意味、人生の意味

生まれてきたことの意味などを

深く考えるようになっていて

 

極め付けは


自分が22歳、30歳と


パニック障害になったことです。


もっともひどい時は


1週間飲まず食わずで寝たきり。


外に出歩けるようになるまで


数ヶ月。


症状が出なくなるまで6年


という、体調不良で苦しんだ時期。



あれがあったからこそ

健康の大切さを身に染みて感じ

前職の時に見つけた雑誌の中の

整体の学校の広告に

「自分がやりたいのはこれだ」

と、直感が働いのだと思います。

 

さらに、貧弱な体を何とかしようと

筋トレに一時励んだことが

オステオパシーとの出会いと

ミオンパシー開発に繋がっています。

 

こうして振り返ってみると

全て苦しんだ、悩んだ経験が

今に生きています。

 

今現在、慢性の痛みなどで

お悩みの皆さんも

将来、絶対この経験が活きる時が来ます。

 

人間万事塞翁が馬。


禍福は糾える縄のごとし。


止まない雨はない。


明けない夜はない。


 

良いことと悪いことは

結局はプラスマイナスゼロ

になります。

 

今苦しんでいる分

きっと未来に良いことが起こります。

それを信じて

今を乗り越えていただけたらと思います。

 

いぎあ☆すてーしょん大阪本店院長

松尾毅
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。