お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.06.22バストアップ

胸のこりを無くすと  バストアップする?!

ロックするとバストが下がる筋肉


 

胸の筋肉大胸筋は

持っているものを抱えたりする時に

使う筋肉です。

 

大胸筋がこると


肩こりにつながります。


例えば


赤ちゃんを抱っこする


お母さん達は


抱っこするときに


この筋肉を使います。



大胸筋は頻繁に使いますし、赤ちゃんが

大きくなればなるほど

強い力を発揮させることになります。

 

大胸筋を鍛えられたら


バストアップになるんじゃ?



よくそういう情報を見ますよね。

でも

残念ながら、筋肉はこる=硬くなる と

弾力がなくなり

支える力が落ちてしまうので

逆効果なんです。

 

大胸筋を鍛えると胸板は厚くなりますが


バストアップにはつながりません。


こった筋肉は緩めるのが一番! 


鍛えてもバストはアップしない

大胸筋という筋肉は


腕の骨や鎖骨に付いていますから


肩こり・首凝り・肩の痛みなどにも


関係します。


 

大胸筋が、それらの症状に関係する時は

大胸筋がロックした時です。

 

大胸筋のロックを外すためには

硬くなって縮んだ大胸筋を

さらに一時的にたるませて

元の正常な筋肉に戻す

ということが必要になります。

 

硬く縮んでロックした筋肉を

元の柔軟な筋肉の状態に戻すのは

押す、揉む、叩く、引っ張る、など

よく行われている方法では

不可能です。

 

なぜかというと

そもそも大胸筋が硬く縮んでいるのは

無理な負荷から、大胸筋自身や

関節を守るためです。

 

その、守っている筋肉に

外から刺激を与えても

筋肉は緩みません。

 

それどころか

余計に硬くなることもあります。

 

硬く縮んだ大胸筋の防御反応を

元に戻すには

 

筋肉に「もう無理がかかっていない」

ということを認識させる必要があります。

ミオンパシーならそれができます。

 

バストアップもそうですが


慢性の肩こりなどにお悩みの皆さん。


何をやってもダメだったら


ミオンパシーをお受けください。



世の中のどんな方法とも違った施術です。

 

筋肉ロックとは


車のシートベルトと似た仕組みで


体を保護するシステムです。


筋肉に無理な負荷が掛かった時に


筋肉自身や関節を守るために


車のシートベルトがロックする時のように


キュッと硬く縮みます。


この状態が慢性化したものを


ミオンパシーでは筋肉ロック


と、呼んでいます。




詳しくは下のバナーをクリックしてください。

慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの


原因になっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 

施術は女性スタッフをお選びください。

 


ご予約は下記リンクから24時間

いつでもお取りいただけます。

 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。