お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.05.27ゴルフの飛距離

ゴルフの飛距離が伸びた理由は?

ゴルフの飛距離が伸びた理由

ゴルフの飛距離が伸びた理由



いぎあ☆すてーしょん

総院長の松尾です。

 

10年前に17年ぶりに


再開したゴルフ。


そこから


各クラブの


平均飛距離が


伸びています。


 

ゴルフをしている方は

お分かりだと思いますが

これ、全然ゴルフの楽さが違います。

 

6番アイアンでグリーンを狙うのと

9番アイアンで狙うのとの違いは

ものすごく大きいです。

その要因は、クラブを替えたこと(笑)。

だけではありません。

 

でも、大切なことは

ただ単に飛距離が伸びるだけではなく

曲がりの小さい球を打てるようになることです。

ですから、単に飛ぶクラブに変えるだけでは

スコアアップに繋がりません。

 

私が50歳を過ぎて飛距離を伸ばした上に

正確性(といってもアベレージクラスですが)

も身に付きだしたのは

 

素振りによって


効率の良いフォームを


身につけつつあることと


筋肉のケアをきちんと


行っているからです。


 

ちなみに私は今年63歳。


この年齢で飛距離が


伸びていること自体


けっこうイケてる


んじゃないでしょうか?


 

多くのゴルファーさんは

雑誌などで良いスイングを学び

カメラで自分のスイングの動画を見て

理想のスイングに近づけようとしていますが

なかなか上手くいかない、違いますか?

 

実は皆さんが


頭で描いているイメージ通りに


スイングできない


体が動かない原因が


「筋肉ロック=機能障害」


にあるのです。


 

筋肉ロックとは

車のシートベルトと似た仕組みで


体を保護するシステムです。


 

筋肉に無理な負荷が掛かった時に


筋肉自身や関節を守るために


車のシートベルトがロックする時のように


キュッと硬く縮みます。


 

この状態が慢性化したものを


ミオンパシーでは筋肉ロック


と、呼んでいます。


 

詳しくは下のバナーをクリックしてください。


慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

私たちが運動するときには

筋肉に信号を送ることを

小脳が行います。

小脳からの信号を受け取って

身体中のその動作に必要な筋繊維が収縮し

関節を動かします。



ところが

いくら、理想のスイングを

身につけようとしても

筋肉が硬くなって

思うように動けないのでは

小脳からの信号通りに

筋肉が収縮しません。

 

筋肉の能力が落ちてしまうのです。

そんな状態では

飛距離や正確性を高めようとしても

難しいですよね。

 

そして、その体の硬さは


多くの人が思っているような


「年のせい」ではありません。


筋肉ロックの積み重ねのせいです。


実際60歳を超えている私が


理想的なスイングに


近づいているんですから。



それは、日々筋肉ロックを解除して

頭で描いたイメージを

実現できる体にしているからです。

2018~19年の冬は3ヶ月間

全くボールを打ちませんでした。

 

それでも、飛距離は去年の夏より

10ヤードほど伸びています。

練習に行っても

100球も打たないことが多いです。

 

せっかくの努力を実らせるには

まず体をイメージ通りに

動かせるようにしておく必要があります。

 

同じ練習内容、同じ練習量で


飛距離と正確性を増すには


筋肉ロックを解放しに


いぎあ☆すてーしょんへお越しください。


 

でも、ボキボキしたり


グリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因に


なっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 


従来の常識にとらわれない


新しい手技療法ミオンパシーは


日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の加茂先生にも


その理論と技術を認めていただいた


科学的根拠に基づく


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


 

はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約


お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。