お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.01.04ミオンパシー

膝の内側の痛みの原因と改善方法

膝の内側が痛む


膝の内側が


慢性的に痛い?


 

膝内側の慢性痛の原因は


筋肉や靭帯のロック


がほとんどです。


慢性痛の原因筋肉ロックとは?


膝内側の痛みの原因は


1.鵞足炎


2.内側側副靭帯のロック


3.膝窩筋のロック


が、主なものです。


 

ですが

鵞足炎も、元はと言えば

薄筋・半腱様筋・縫工

のロックから始まっています。


鵞足とは

これら3種類の筋肉が

膝の内側に付着している場所を言います。

これらの筋肉がロックして

慢性的に硬くなり

伸び縮みしにくくなったことで

鵞足の部分が傷ついて

炎症を起こしたのが鵞足炎です。

鵞足炎

ですから、鵞足炎も

上記の筋肉がロックした

結果として炎症が起こっている

というだけですので

筋肉ロックが原因といっても

いいでしょう。


改善方法は

これらの筋肉や靭帯の

ロックを外すことで可能です。

 

筋肉や靭帯がロックすると

◯筋肉そのものが酸素欠乏を起こして痛む

◯筋肉や靭帯の付着部が傷ついて痛む

◯筋肉・靭帯のロックによって

関節に無理な負荷がかかって痛む

 

これらのことが起こります。

内側側副靭帯や膝窩筋のロックは

捻挫したときや

転倒したときなどに

起こります。

内側側副靭帯と鵞足


捻挫や転倒の時に


膝の内側の靭帯である


内側側副靭帯や


脛骨(スネの骨)を


内旋(うちにねじる)する


膝窩筋に、無理な力がかかり


関節を守るために


これらの靭帯や筋肉がロックします。


膝窩筋


このロックを外さない限り

慢性的な膝の内側の痛みを

根本的に改善するのは

非常に難しいのです。

 

いぎあ☆すてーしょんでは

こういった膝内側の痛みの原因

筋肉・靭帯のロックを

痛みなく安全に、しかも効果的に

素早く外し

慢性痛を根本から改善する

最新の手技療法

新筋肉療法ミオンパシーで

膝内側の慢性痛を改善する

お手伝いをしています。

 

膝内側の慢性痛でお悩みなら

ぜひ一度、ミオンパシーを受けに

ご来院ください。

 

ミオンパシーは


整形外科医の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

[caption id="attachment_2081" align="alignnone" width="300"]加茂整形外科医院HP いぎあ☆すてーしょん総院長ミオンパシー開発者の松尾に「整形外科医が認めた整体師」と言ってくださった先生のHP。[/caption]
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。