お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2018.12.03仰向け寝の腰痛

仰向けで寝ると腰が痛い理由は何?

仰向けで寝ると腰が痛い理由

仰向けで寝ると腰が痛い理由


仰向けで寝ると


腰が痛い。



仰向けで寝ると


背中に隙間が空く。



こういう患者さんは

しょっちゅう来られます。

 

こういう方は

立っていると腰が痛む。


椅子から立ち上がるときに


腰が痛む、あるいは


腰が伸びにくい。


猫背気味になってしまう。



などの症状を伴っているケースが

ほとんどです。

 

これらの原因は

股関節屈筋群のロックです。

股関節屈筋群


筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?



仰向けで寝ると腰が痛いので


横向きになって寝ている。



仰向けで寝るときは


膝の下にクッションを


敷いている。



仰向けで寝るときに


空いた背中の隙間に


タオルを入れている。



などなど

対処療法的な方法を取っている方も

かなりおられます。

 

ですが、これらの方法をやり続けても

腰痛そのものが治る

ということはありません。

 

それは、これらの方法では

上記した

筋肉ロックが無くならないからです。

 

筋肉ロックが有る限り

腰痛は完治しません。

筋肉ロックを外しに

いぎあ☆すてーしょんへ

お越しください。

 

でも


本当にいぎあ☆すてーしょんで


腰痛が治るの?



そう思われるのも無理はありません。

いぎあ☆すてーしょんの

新筋肉療法ミオンパシーで

腰痛が改善する理由を説明しましょう。

 

仰向けで寝ると腰が痛い

などの症状は

股関節屈筋群のロック

だと言いました。

 

ここでよく勘違いされているのが


立って壁に背中を付けると


背中に隙間が空くから


仰向けに寝ても隙間が空くのは


自然なこと。


と考えることです。



この考えのどこが勘違いかというと

立位では、重力の影響で

背骨の椎間板にかかる荷重を減らす

という目的で

背骨が湾曲します。

頚椎は前弯し

胸椎は後弯し

腰椎は前弯します。

背骨

これは自然な湾曲です。

この湾曲は

骨そのものが曲がっているわけではなく

重力が頭の方からかかることで

靭帯や、筋肉が伸び縮みして

曲がっている、ということです。

 

でも、仰向けで寝たときは

重力が背骨の上からではなくて

背骨の前方向からかかります。

すると、重力によって

背骨の湾曲度は減ります。

立っているときに比べて

まっすぐ気味になるのが

正常な背骨の状態です。

 

ですから、例えば

四つ足の動物の背骨は

人間ほど前弯後弯していません。

四つ足動物の背骨

人間も

ハイハイしている間は

この犬の背骨と同じように

胸椎・腰椎の曲がりはありません。

立ち上がって歩き出すと

背骨の前弯後弯ができてきます。

 

ですから

仰向けで寝たときに


背中に隙間ができる


つまり、腰椎の前弯ができる


というのは


正常ではない、ということです。



そして

仰向けで寝たときの

背中=腰椎の前弯の原因

つまり

背中に隙間ができる原因が

股関節屈筋群

特に、大腰筋が硬くなって

伸びにくくなっていること

=筋肉ロック

なのです。

 

大腰筋は

腰椎と、大腿骨を繋いでいて

骨盤の前傾や

腰椎の前弯を作る働きをします。

大腰筋

大腰筋が収縮すると

股関節を屈曲します。

大腰筋収縮による股関節屈曲

股関節の屈曲時には

骨盤はやや後傾し

腰椎の前弯度合いも減ります。

 

ですから

仰向けで股関節を曲げるために

膝の下にクッションなどを入れると

仰向けの腰痛が軽減するのですが

その理由は後述します。

 

この大腰筋がロックして

慢性的に伸びにくくなると

 

そもそも

腰椎の前弯と

骨盤の前傾を作る働きをする

そのことが

本来立位だけでいいのに

仰向けで寝ても

同じように

腰椎の前弯と骨盤の前傾を

形作ってしまうことになります。


重力がお腹の方からかかれば

大腰筋は伸びて

腰椎の前弯も骨盤の前傾度合いも

減るはずなのに、です。


それが、大腰筋が硬くて伸びないから


仰向けで背中に隙間が空き


軽いブリッジをするようなことになり


背中=腰の筋肉に負荷が強くかかって


痛む。



ということになるのです。


だから、膝の下にクッションを

入れたくなるのです。

ブリッジの角度を小さくするために

です。

 

横向きで股関節と膝を曲げて寝ると

腰が楽、という理由もここにあります。

 

仰向けで寝ると腰が痛い


という症状の原因になる筋肉は


7種類あります。


それら全てを、安全に

痛みなく効果的にロック解除し

仰向け寝のときの

背中の浮きを無くし

腰痛を無くし

安眠できるようにできる技術が

いぎあ☆すてーしょんの

新筋肉療法ミオンパシーです。


ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因になっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 



仰向けで寝たときの腰痛で


お悩みのみなさん


一度お試しください。


背中の隙間が「あれ?なくなってる」


を、感じていただけます。


ご来院お待ちしています。



ミオンパシーは


整形外科医の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。