お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2018.12.03こむらがえり

ふくらはぎがつりやすい(こむらがえり)訳は?

こむらがえり
こむらがえり

夜中や朝方に突然

「痛たたたっ!」

と、目がさめる

こむらがえり。


かないませんよね(^^;

こういう風に

脚がよくつる

という方はおられませんか?

特にふくらはぎ。

そして、よくつる時間帯は

やっぱり早朝、もしくは夜中。

そして、こむらがえりを起こす人は

なんども起こしますよね。

 

こむら返りの原因は


ふくらはぎの筋肉の


ロックです。


 

筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


こむらがえりは


予防できます。


予防するには


なぜ、こむらがえりするのか?


を、知る必要がありますよね。



こむらがえりは


どうして起こるのか?


そして


なぜあんなに痛いのか?


 

これを知ると

こむらがえりは予防できます。

 

ではまず

こむらがえりが起こる理由

 

こむらがえりは

ふくらはぎの筋肉に

力が入ったときに起こりますよね。

筋肉を伸ばしたときには起こりません。

 

朝方などに眠りが浅くなったとき

なにげなく、足首を曲げる動き

(ふくらはぎの筋肉を縮める)

をしたときに

ふくらはぎの筋肉が

キューっと縮み

そのまま縮んだままになります。

これがこむらがえり。

 

このときに起こっていること

なのですが・・・

 

ふくらはぎの筋肉に力を入れると

筋肉を収縮させる

ミネラルイオンである

カルシウムイオンが

筋細胞に入るのですが

 
※ミネラルは体に取り込まれて

電子化され、イオンという形になります。

 

その途端

ピタッと筋肉細胞の

蓋が閉まったようになり

筋肉を弛緩させる

マグネシウムイオンが

入らなくなってしまい

ふくらはぎの筋肉が

縮んでしまったままになります。


ふくらはぎの筋肉が


収縮しっ放しになることで


筋肉内の酸素が足りなくなって


痛みを出すのです。



つる原因はミネラルイオンの


出入りが上手くいかなくなること。


痛む原因は酸素欠乏です。



そして

こむら返りを起こしやすい時間帯は

朝方か夜中

起こしやすい季節は夏

暑くて布団から足を出していて

冷房で冷えて血流が悪くなり

脚がつります。

血流が悪くなることで

ミネラルイオンの出入りが

不十分になるからです。

 

もし、こむら返りを起こしてしまったら

どうすればいい?

 

こむら返りを起こしているときに


ふくらはぎをもんだり


さすったりしても効果はありません。


ふくらはぎを揉む

とりあえずの応急処置としては


ふくらはぎのストレッチです。


こむらがえりの応急処置


浅い眠りから

痛みで目が覚めてしまっているはず

ですから

起き上がって、こむら返りを起こしている

ふくらはぎをストレッチしましょう。

 

すると、筋肉に隙間ができて

緩める方のマグネシウムイオンが

筋細胞に入ります。


これで、とりあえずは

また眠れるでしょう。

 

大事なのはこの後です。

応急処置だけで済ましてしまうと

頻繁にこむら返りを起こして

夜中や朝方に、何度も

起きてしまうことになります。

 

そうならないためには

ふくらはぎの筋肉ロックを

外しておくこと。


筋肉ロックがあると

ふくらはぎの

筋肉に力を入れたときに

蓋が閉まってしまう

ということが起きやすくなるのです。

 

筋肉が硬くなっている


冷えている


こういったことで


血流が悪くなると


ミネラルの出入りが悪くなって


脚(ふくらはぎ)がつります。



念のために言っておきますが

ストレッチは効果的ではありませんよ。

私、いぎあ☆すてーしょん総院長の松尾は

2016年まで約20年

フルマラソンをしていましたが

ストレッチを真面目にやっていた頃は

頻繁にこむら返りを起こしていました。

 

でも、ストレッチをしなくなってからは

こむら返りをしなくなったのです。

特に練習前のストレッチはくせものです。

筋肉が伸びきった状態で

負荷をかけることになるので

結果として筋肉への負担が大きくなり

筋肉がロックしやすくなります。

筋肉のプロとしては失格です(苦笑)。


運動前のストレッチは良くない

このことを知ってから

自分でふくらはぎのロックを外す

セルフミオンパシーを時々

するようにしました。

するとこむら返りが

なくなったのです。

 

ほとんどの場合

筋肉ロックを外しておくと

こむら返りはしなくなります。

 

もし、それでも治らないとしたら

 

1.そもそもミネラル不足

食事が不規則だったり偏食気味だったり

で、ミネラルそのものが不足している。

あるいは、運動をしていて

ミネラルがたくさん必要なのに

摂れていない。

 

というケース。

これらは、マルチミネラルなどの

サプリメントで補えます。

 

2.病気が原因の場合

糖尿病・腎臓病・肝臓病

などで、むくみやすい人は

やはり、栄養を含んだ動脈の血液が

筋細胞に入りにくくなりますので

脚が攣りやすくなります。

 

筋肉ロックを外しても

ミネラルを摂取しても

こむら返りが治らない

 

という方は

一度病院で検査を受けられた方が

いいかもしれません。

 

以上

こむらがえりの原因と対策について

お伝えしました。

 

こむら返りが予防できて

脚が軽くなる。

スポーツをしている人は

パフォーマンスが上がる

いぎあ☆すてーしょんのミオンパシー

一度、お試しください。

 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因になっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 


ミオンパシーは


整形外科医の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。