お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2018.11.28朝の痛み

朝起きる時に腰が痛くて起き上がりにくい訳は?

朝起きる時に腰が痛い



朝起きる時に腰が痛い


 






朝目が覚めて


起き上がるときに


腰が痛くて辛い


 

という皆さんへ

 

毎朝起きるたびに


起き上がろうとしても


腰が痛くて


起き上がるのに


時間がかかる


 

とか。

 

目が覚めたら


「腰が痛い・・・」


と、朝から


憂鬱な気分になる


 

とか。

 

朝から腰が痛いのは

本当に辛いですよね。

 

そんな皆様に

朝が特に腰が痛い理由を


知っていただき


そこから


朝の腰痛どころか


腰痛そのものが無くなる


という

情報をお届けします。

 

まず、朝が特に痛い理由です。

朝が特に痛いのは

朝が一番血行の悪い時間帯だからです。

ではなぜ血行が悪いと痛むのか?

ということですが

心臓から送り出される動脈には

様々な栄養が含まれています。

その中で、朝の腰痛と関係するのが

「酸素」です。

 

酸素は筋肉を動かしたりするのに必要です。

その酸素が足りないと

酸素を少しでも取り入れようと

血管を広げるための化学物質が出ます。

これをブラジキニンといいます。

 

ブラジキニンは、血管を拡張させると共に

酸素欠乏という異常を知らせるために

脳に痛みを感じる神経伝達物質を送ります。

その物質が脳に届いたとき

人は痛みを感じます。

これが酸素欠乏で痛みが出る

理論です。

血管拡張作用ブラジキニン


 

そして朝に腰が一番痛いのは

酸素欠乏が一番起こりやすいのが

朝だから、なのですが

その理由は

朝にもっとも筋肉のポンプ運動が

少ないことにあります。

 

ご存知のように

動脈は心臓が送り出します。

 

ところが、動脈の栄養を使ったあとの

代謝物(ゴミ)を送るのに

心臓は関係しません。

代謝物を元の肺などに戻すのは

筋肉のポンプ運動なのです。

 

「脚は第二の心臓」

と言う言葉を聞かれたことがある人が

おられるかもしれません。

もっとも重力の影響で

代謝物がたまりやすい(むくみ)

下半身の筋肉が

代謝物を運ぶ

リンパ・静脈の流れを作るのです。

 

つまり

寝ている間は

この下半身(特に脚ですが)

のポンプ運動が、1日のうちで

一番不活発な時間なので

リンパ液などが滞留しやすいのです。

リンパの流れと酸素欠乏

そして、筋肉の細胞に酸素を届ける

末端の毛細血管は

筋肉の細胞に突き刺さっているわけではなく

毛細血管から染み出した動脈の血を

筋肉の細胞が吸収することで

細胞内に取り込まれます。

 

ということは

リンパ液が筋肉の細胞周辺に

滞留していると

腰周囲の筋肉の細胞が動脈からの

酸素を受け取りにくい

ということになります。


それで、上記の

酸素欠乏による腰の痛み

というのが朝に出ることになるのです。

 

こういった方々でも

「動き出すと腰の痛みが減る」


ということが多いのですが


それは、動き出すことで


筋肉のポンプ運動が始まり


むくみが減り、血流が良くなって


動脈に含まれた酸素が


筋肉の細胞に届きやすくなるからです。


 

ですが、腰付近の筋肉にロックがなく

筋肉が柔軟な人には

もちろん、朝から腰が痛い

などということはありません。

 

朝、腰が痛むのは

腰周辺の筋肉が

もともと硬くなっている人

だけです。

 

こういった

朝一番痛い腰痛を解消するために

いぎあ☆すてーしょんでは

筋肉の酸素欠乏の原因になる

筋肉ロックを外して

筋肉をその人本来の柔軟性に戻す

ということをします。

 

筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

筋肉ロックを外す場所は

痛みの出ている腰周辺の筋肉

そして

リンパ液などの循環に関わる

下肢(太ももやふくらはぎ)の

筋肉です。

 

これらの筋肉ロックが無くなって


筋肉が自由に伸び縮みできるようになると


夜間のリンパ液の滞留などが激減し


「朝痛くて起き上がるのが辛い」


腰痛を改善させることができます。



ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめつつ


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の腰痛の原因になっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


腰の痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 


筋肉ロックを解消するために

開発された

いぎあ☆すてーしょんの

新筋肉療法ミオンパシーを

一度お試しください。

効果はほとんどの場合

初回で感じていただけます。


起床時の辛い腰痛の皆さんの

悩みを解決するために

いぎあ☆すてーしょんのスタッフは

いつでもお待ちしています。

 

ミオンパシーは


整形外科医の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

下記メニューからは

リーズナブルな

「腰痛専門コース」

などもお選びいただけます。


メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。