お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2018.10.09ブログ

寝違えの治し方



 

寝違えは


通常、2〜3日で


痛みが消えることが


ほとんどです。


ですが、まれに


1週間経っても


1ヶ月経っても


あるいは


何ヶ月も経っているのに


痛みが消えない


という場合があります。


いわゆる


寝違えが慢性化


してしまった


状態です。


こうなると


単に放置しておいても


自然に治ることは


あまりありません。


では、どうしたらいいのでしょう?


ミオンパシーを受けてください。


 

結果的にはそうなのですが


なぜ、ミオンパシーなのか?


という理由が必要ですよね?


 

寝違えはもちろん


寝ている間になる訳ですが


寝ているときに


右の方を向いて


長時間寝ると


起きた時に


左を向きにくくなります。


当然、反対方向も起こり得ます。


この多くの理由は


案外知られていないのですが


内臓の疲れが多いのです。



つまり


食べ過ぎなどで


胃が疲れると


左の肩甲骨の間の筋肉や


左の首〜肩の筋肉が


硬くなります。


すると、その筋肉に引っ張られて


背骨が左に回転したりするせいで


首が左に向きにくくなります。


ですので


寝ている間


ずっと右を向いて


寝ていることになります。


長時間偏った姿勢で


寝ているために


筋肉が硬くなって


起きた時に


「あれ?左向くと首が痛い」


ということになります。


 

お酒の飲み過ぎや


脂っこいものの食べすぎは


肝臓や胆嚢を疲れさせるので


反対に右側の筋肉が硬くなり


右を向くと痛い


ということになります。



毎日毎日


暴飲暴食を続ける人は


そんなに居ないので


多くの場合


内臓の疲れが回復すると


寝違えは治ります。


 

ところが


そういった内臓の疲れ


プラス


日常の仕事や家庭内の


作業で


元々肩こりや背中、首のこり


などがある人は


一回の寝違えが慢性化


してしまうことがあります。


この場合が


ミオンパシーを受けることが


必要なケースです。


 

いぎあ☆すてーしょんの


新手技療法ミオンパシーは


慢性化した


筋肉ロックを外して


寝違えに関係する筋肉を


元の柔らかい状態に戻して


痛みから解放


することができます。



寝違えが慢性化してしまったら


ミオンパシー


覚えておいて


損はないと思いますよ。


メニュー


ご予約はこちらから


オンライン予約


お電話でのご予約・お問い合わせ


072−632−9430


 

予約ページの使い方


予約ページに入ると


次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」


スタッフについての詳細は


右の「詳細を見る」から。



特に指名がない場合は


⬜︎指名なし


にチェックを入れてください。



2.コースを選ぶ


次に「コースを選ぶ」


から


施術時間やコースをお選びください。


◯になっているところが


お選びいただける時間です。


120分では取れない場合


90分や60分にしていただくと


お取りできることがあります。



※使い方の確認は


このページの右上


メニューのところを


クリックしてください。



すると


次のような画面になります。



こちらの画面の


ご利用ガイドのところを


クリックしてください。


使い方の説明が見られます。




 

こちらの使い方に沿って


ご予約ください。



※予約完了ページが表示されても


完了メールが届かない場合


予約が完了していない


恐れがありますので


その場合は、念のため


お電話での確認をお願い致します。


072−632−9430

ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。