お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2018.10.08眼精疲労

目の疲れ眼精疲労の原因は、自律神経にある?!

眼精疲労






 

眼精疲労=


目の疲れや


ドライアイ


の原因は?


 

原因はなんだと思われますか?

 

眼精疲労やドライアイ


の原因は


目の使いすぎ?


ドライアイの原因は目の使いすぎ?

実はそうではありません。

眼球は疲れませんし

眼球を動かす筋肉も

持久力が半端ではありません。

眼球を動かす筋肉は疲れない

ですから実際には

目が疲れているのではなく

目が疲れているように

感じているだけです。

 

目薬をさして一時的に楽になった

感じがしたとしても

根本的な解決にはなりません。

本来は、目薬をささなくてもいい状態が

望ましいですよね。

目薬をさす

 

眼精疲労やドライアイに


なっているときには


本当に疲れているのは目ではなく


脳なのです。


ドライアイの原因、脳の疲れ

人が外部から受ける情報の

80%は目から入る

 

と言われています。

脳が限度を超えるような情報を

取り入れると

それ以上の情報を入れて欲しくない

ということを知らせるために

「目が疲れた」

と感じさせて

目からの情報を入れないようにして

休もうとします。

 

それを「目が疲れた」と

私たちは感じるのです。

目の疲れを感じさせる脳の疲れ


昼寝が推奨されるのも

それがあるからです。

 

深く眠ってしまわなくても

20分ほど目をつむってじっとしているだけで

脳の疲れはある程度回復します。

同時に「目が疲れた」という感じも

少しなくなるはずです。

 

でも


この「目が疲れた」


という症状を


頻繁に感じる場合は


 

脳を通常より疲れさせる条件が


加わっています。


それは


首・肩・背中などのこりです。


ドライアイの原因、首こり

実は全身のこりが

脳を疲れやすくするのですが

特に、上半身の影響が大きそうなのは

なんとなく想像がつきますよね。

 

ではなぜ、こりが脳を疲れさせるのか

ですが

 

1.こりがあると血行が悪くなり

脳にも酸素などの栄養が

不足しやすくなる。

 

2.こりがあると、脳だけではなく

体のあちこちの酸素不足の情報が

脳に届き続ける。

 

3.こりは自律神経の

交感神経を興奮させるので

副交感神経の作用による

涙が出にくくなる。

ドライアイの原因、自律神経のアンバランス

これらの理由で

目の疲れを感じたり

涙が出なくて目がパサつく

まばたきをすると痛む

ドライアイ

などの症状が出てしまうのです。

 

そしてまた

 

慢性的なこりは

やっかいなことに

マッサージやストレッチ

などでは

解消できません。

 

風呂に入る

電気を当てる

湿布を当てる

なども

気休めや

一時的な効果しか望めません。

これらの方法では

根本的にこりを解消することが

できないからです。

 

だったらどうしたら?

 

慢性的なこりを解消するには

筋肉ロックを

解除してあげることです。

 

筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


いぎあ☆すてーしょんで

行っている

筋肉ロックを解除する手技

ミオンパシーは

数十年たったような

頑固な筋肉ロックでも

解除することができます。

 

ミオンパシーは、一過性のものではなく

こりの根本的な原因を

筋肉が自分から緩むような

特殊な方法で解消しますので

従来の様々な方法に比べて

圧倒的に効果が長持ちする上に

再発する可能性も低くなります。

 

眼精疲労・目の疲れ・ドライアイ


などでお悩みの方の場合


全身にある筋肉ロックを


くまなく見つけて解除しますので


 

体全体が軽くなり


こりはもちろん無くなり


リンパや血液の流れも良くなり


冷え性の改善や


胃腸などの不調


不眠や、下痢便秘


生理痛などの改善という


自律神経関連の症状も


改善します。


 

「目が疲れる」

という症状が

逆に、これら全身の症状と

関係するというのは驚きですよね。

 

眼精疲労でお悩みの方はもちろん

上記の症状などでお悩みの方も

一度、いぎあ☆すてーしょん大阪の

新手技療法ミオンパシーを

体験してみてください。

「今までやってきたことはなんだったの?」

という気持ちになられると思います。

 

でも、ボキボキしたり


グリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめながら


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因に


なっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 


ミオンパシーは


日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。