お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2018.09.29腰痛

左の腰が痛い原因は何?

左腰痛の原因






腰痛にも色々ありますが

 

左側の腰が痛い場合


の原因は


 

骨盤などの歪みからくるものと


内臓の疲れから


起こるものがあります。


 

まず

多い方のケース

骨盤や背骨の歪みから解説します。

といっても

 

骨盤や背骨の歪みは


直接の腰痛の原因


ではありません。


 

なぜなら


骨盤や背骨のゆがみは


結果であって


原因ではないからです。


ならば、原因は?


 

腰痛の本当の原因は


骨盤や背骨をゆがませる


筋肉のロックがある事です。


 

筋肉ロックについて詳しくは


下の絵のリンクをクリックして


ご覧ください。




慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

骨盤周りの筋肉がロックすると

骨盤がゆがみ

背骨の周りの筋肉がロックすると

背骨がゆがみます。

 

これら

結果的に歪んでいることを見て

「歪んでいるから痛い」

と、診断していると

腰痛は永遠に治りません。

 

原因にアプローチしないと

結果は変わらない

当然のことです。

原因と結果

いぎあ☆すてーしょんの

新手技療法ミオンパシーは

骨盤や背骨のゆがみの原因になる

筋肉ロックを解放して

筋肉を、元の柔軟で

ちゃんと伸び縮みする状態に

戻します。

 

結果として

骨盤や背骨の歪みが元に戻り

さらに、腰の痛みが消えます。

原因がなくなっているので

再発しにくいのが特長です。

 

見た目の歪みを原因と考えたり

痛みだけを無くそうとする

対処療法による施術や治療のように

治ったように思っても、すぐ元に戻る

 

という可能性が、かなり低いのが

ミオンパシーの特長です。

 

ですが、筋肉だけに焦点を当てれば

それで全て解決するのか、といえば

そうではありません。

筋肉以外にも、左側の腰痛の原因が

潜んでいる場合があります。

 

もう一つの左腰が痛くなる原因として

考えられるのは膵臓の疲れです。

膵臓

実は、体の左側にある内臓が疲れると

左側の筋肉が痛みを出します。

ですが

胃や心臓の機能低下が出す痛みの

場所の可能性は、肩や背中止まりです。

関わる筋肉が僧帽筋・菱形筋までだからです。

 

腰が痛む可能性としては

より広範囲=腰の方まで広がる筋肉が

関わる、膵臓の疲労の可能性が高い

のです。

 

膵臓は、広背筋という

背中の大きな筋肉と繋がっています。

広背筋

広背筋は

背中の胸椎7番から

骨盤までを覆っています。

ですから

左の腰に痛みを出す

可能性があるのです。

 

膵臓の疲労の原因は?

 

膵臓は、タンパク質や脂質を

分解する酵素=消化液

を出す仕事と

糖分を分解する

インシュリンというホルモンを

出す仕事をします。

 

つまり

脂質やタンパク質

糖分を過剰に摂り過ぎていると

膵臓が疲れます。

 

具体的には

野菜を摂らず

肉ばかり食べている。

お酒をたくさん飲み過ぎている

甘いものを摂り過ぎている

などで膵臓が疲れます。

 

膵臓が疲れているかどうかは

胸椎の6番の棘突起を

触診すれば分かります。

 

重いものを持ったり

良くない姿勢を続けていたり

という

筋肉に負荷をかけたことが

原因なのか

 

それとも

膵臓の疲れが原因なのか

どちらが原因なのかを推理して

左腰の痛みを解消できるのは

 

いぎあ☆すてーしょんのスタッフが

こういった知識を

持っているからです。

 

左腰の痛みで

お悩みの皆さん

一度

いぎあ☆すてーしょん大阪の

新手技療法ミオンパシー

を、試してみられませんか。

長年の左腰の痛みを無くせるチャンス

かもしれません。

 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめながら


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの慢性の痛みやコリの原因になっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 


ミオンパシーは


日本で最初に「筋筋膜性疼痛症候群」という

筋肉に関係する慢性痛の理論を提唱された

整形外科医の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。