お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2018.07.10自律神経

筋肉を緩めると、健康で長生き出来る?!

筋肉が緩むと長生きできる




リラックス


しているときは


自律神経の


副交感神経が


活発に働いている


のは

ご存じですよね?


交感神経が


活動期に働くのと反対に


副交感神経は


一言でいうと


「生きるための神経」


です。


 

つまり


栄養の吸収に大切な


消化器系の内臓が


活発に働くのは


副交感神経の働きです。


 

よく


 

「ストレスがあると


交感神経が活発に働く」


 

と、言われますよね?


 

反対にストレスが少ない人は


副交感神経が働きやすい


ということなんです。


 

言い方を変えると


副交感神経が働きやすい


状態になっていると


「ストレスを感じにくい」


とも言えます。


 

その

ストレスを感じにくくて


副交感神経が働きやすい


状態を


能動的に作れるのが


筋肉を柔らかく


しておくことなのです。



なぜなら

筋肉は生物の発達上

交感神経と密接に繋がっています。

 

生物発生当時は副交感神経のみでした。

ところが、ある時期に

食物を摂るために

活動する必要ができた時から

活動のための自律神経である

交感神経・筋肉・骨格が

発生したのです。

 

それで、筋肉と交感神経は密接に

関係しているのです。

 

ストレスを頻繁に感じていると

体は緊張します。

 

皆さんも、人前に出た時などに

緊張することがあると思いますが

そういう時って

顔がこわばったりしませんか?

 

そんな時は、当然体にも力が入っています。

そういった緊張する場面や

ストレスを感じる状況が恒常的にあると

 

筋肉は、ストレスに対する

防御反応として硬くなり

交感神経も活発に働きます。

そして筋肉が硬いままだと

交感神経がよけいに活発に働きます。

 

自律神経は必要に応じて

うまく切り替わるのが理想なのですが

自律神経

筋肉が緊張してロックし

硬くなると

交感神経が優位な時間が増え

副交感神経が働く時間が

減ってしまうのです。

 

自律神経の働きが

アンバランスになると

このような症状に見舞われます。

自律神経の乱れ

こんな状態が続いていて

健康で長生き

は、難しいですよね・・・

 

そこで大事なのが

副交感神経が働きやすくなるために

交感神経の働き過ぎを抑えること。

 

そのためには、交感神経と

直結している

筋肉の緊張をまず解きほぐすこと

つまり

筋肉を柔らかくしてあげること

 

なのですが・・・

 

多くの人が思いつく

ストレッチやマッサージは

残念ながら

効果が短時間でなくなってしまいます。

 

いぎあ☆すてーしょん大阪で行っている

筋肉療法「ミオンパシー」は

ストレスで硬くなってしまっている筋肉を

 

筋肉ロックを外すことで


長期にわたって柔らかい状態を


キープすることができる手技療法です。



筋肉を硬いままにしてしまい

交感神経の働き過ぎを招く筋肉ロック。

 

筋肉ロックについて詳しくは

下の絵のリンクをクリックして

ご覧ください。



 

慢性痛の原因筋肉ロックとは?


 

筋肉ロックを外して


硬くなった筋肉を元の状態に戻し


副交感神経が働きやすい


状態にしてあげると


リラックスしやすくなり


健康で長生きするのです。


 

副交感神経がちゃんと働くようになると

副交感神経が活発な時

というように

体が休息状態に入ります。

 

ドライアイや


ドライマウスが改善すると


目の疲れ感が減り、口臭が減ります。


そして、不眠症なども


改善するのです。



さらに、消化機能が上がるので


食べたものの栄養をしっかり吸収


できるようになりますし


吸収した栄養を


体にとって必要な成分に


変換・構築する仕事をする


肝臓の働きも良くなります。


 

これで健康にならないわけがありません。

 

ちなみに

意識的に副交感神経を働かせる

方法があります。

 

それは

笑う・泣く、という行為です。

ストレスをガンガン感じている時は

こういうことが自然にはできません。

 

だから、意識的に行うといいのです。

お笑い番組を見る

友達と馬鹿話をする

感動するようなドラマや映画を観る

など

 

自分ではコントロールできない

楽しい、とか、感動といった感情を

自分でコントロールできる行為によって

間接的にコントロールするのです。


健康で長生きしたい。

もしくは、生きている間は健康でいたい。

と、思っている方は

一度ミオンパシーを

体験してみてください。

 

施術後の

ほっこりリラックス

を、感じることで

筋肉が緩むことの効果を

感じていただけると思います。

 

でも、ボキボキしたり


グリグリするんじゃ?


痛いのは嫌なんだけど・・・


 


ご安心ください。


ミオンパシーの施術は


とてもソフトで安全です。


 

ミオンパシーの施術の方法


ロックしている筋肉の場所=ロックポイント


を、見つけて


「硬い・痛い」というロックポイントが


緩む姿勢を取ります。


 


施術を受ける方が、その姿勢によって


どこかに痛みが出ないか確かめながら


腕や脚などを持ち上げたりしながら


ロックポイントが緩み


硬さや痛みが消える姿勢を探し


痛みがどこにも出ないようなら


その姿勢を約90秒保ちます。


 


90秒経ったら


ゆっくり元の姿勢に戻します。


 


たったこれだけです。


こういう施術を


皆さんの腰痛の原因になっている筋肉の


ロックポイントごとに行います。


 


ロックポイント1箇所につき


見つけて緩む姿勢をとって戻すのに


最短で120秒ほどかかります。


 


60分の施術で


最大30箇所緩められる計算になります。


実際には、お話しながら


症状についてお聞きしながら


ですので


そこまでの場所は緩められませんが


なるべくたくさんの筋肉ロックを外して


痛みが初回から軽減するように努めています。


 


こういうような


体にまったく負担をかけない


ソフトで安全な技術です。


 

施術中に、お腹がグルグル鳴り出す人

 

施術後は

「体が緩んでいる感じがする」

「温泉に入った後みたい」

「目がぱっちり開きます」

「視野が明るくなった」

「なんか眠い」

 

といった感想をいただくことが

多いのですが

これらがまさに

副交感神経が働き出した証拠です。

 

ミオンパシーは


日本で最初に


「筋筋膜性疼痛症候群」を提唱された


整形外科医の先生にも認めていただいている


科学的根拠に基づいた


痛みなく安心安全な最新の手技療法です。


 

はじめての方でも安心してお受けいただけます。


ご予約は下記リンクからお取りいただけます。


 

メニュー

ご予約はこちらから

オンライン予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

072−632−9430

 

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。



1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。



すると

次のような画面になります。



こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。



 

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP
ミオンパシーサロンいぎあ☆すてーしょん

お問い合わせ

ご予約やお問い合わせは、お気軽にどうぞ。